鍛冶良作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鍛冶 良作(かじ りょうさく、1895年明治28年)2月20日 - 1980年昭和55年)6月8日)は、日本の政治家

経歴[編集]

富山県出身。1915年、上京し谷欽太郎(衆議院議員)の書生となり、1921年明治大学卒業。1922年弁護士を開業。1932年神田区会議員となり、1947年富山一区から衆議院議員に初当選し、以降7期務め、法務政務次官大蔵政務次官などを歴任。1960年裁判官弾劾裁判所裁判長に就任。政界引退後は再び弁護士活動に従事。勲二等旭日重光章勲一等瑞宝章

二男に鍛冶良堅(明治大学教授)がいる。

参考文献[編集]

  • 『日本人物情報大系』 皓星社、1999年。