寺田市正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
寺田 市正
てらだ いちまさ
Ichimasa terada.jpg
生年月日 1876年4月25日
出生地 日本の旗 日本鹿児島県薩摩郡水引村
没年月日 (1958-08-21) 1958年8月21日(82歳没)
死没地 日本の旗 日本鹿児島県川内市
出身校 明治法律学校
前職 会社員

当選回数 7回
在任期間 1924年 - 1946年

在任期間 1940年 - 1946年

当選回数 1回
在任期間 1955年 - 1958年8月21日
テンプレートを表示

寺田 市正(てらだ いちまさ、1876年明治9年)4月25日[1] - 1958年昭和33年)8月21日[2])は、日本の衆議院議員政友本党立憲民政党立憲政友会)、拓務政務次官川内市長

経歴[ソースを編集]

鹿児島県高城郡水引村(現在の薩摩川内市)に寺田宗七の長男として生まれた[3]。小学校教師を務めた後、上京して明治法律学校(現在の明治大学)で学び、1900年(明治33年)に卒業した。卒業後の2年間、明治法律学校の舎監を務め、やがて時事新報の記者となった[3]1915年大正4年)、時事新報社を退社し、自由通信社の主幹となった[3]

1924年(大正13年)の第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。以後、連続当選回数は7回を数えた。その間、平沼内閣で拓務政務次官を務めた[4]。また1940年(昭和15年)には初代川内市長に就任し、1946年(昭和21年)まで在任した[5]

同年、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となった[6]1951年(昭和26年)に追放解除[7]

追放解除後の1955年(昭和30年)に再び川内市長を務め、死去するまでその職にあった[5]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、34頁。
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ a b c 『三州名士録大鑑 上巻』pp.182-183
  4. ^ 『人事興信録』
  5. ^ a b 川内市年表
  6. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。
  7. ^ 『朝日新聞』1951年8月7日朝刊二面。

参考文献[ソースを編集]

  • 市来政尚 『三州名士録大鑑 上巻』 三州名士録刊行会、1930年。
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(下)』 人事興信所、1941年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年。