横山金太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横山金太郎

横山 金太郎(よこやま きんたろう、明治元年11月1日[1]1868年12月14日) – 1945年昭和20年)9月25日[2])は、衆議院議員又新会中正会憲政会立憲民政党)、文部政務次官広島市長弁護士

経歴[編集]

広島県比婆郡東城町(現在の庄原市)出身。1891年(明治24年)に東京法学院を卒業したのち弁護士試験に合格し、弁護士事務所を開いた[3]1895年(明治28年)、判事に任官され、松山地方裁判所判事、台湾総督府法院判官などを務めた。やがて官を辞して、再び弁護士を開業。後には広島弁護士会長に選ばれた。

広島市会議員、同市会議長、広島県会議員、同県会副議長を歴任した後、1908年(明治41年)の第10回衆議院議員総選挙に当選。当選回数は合計で9回を数えた。その間、第2次若槻内閣で文部政務次官に就任した。

1935年(昭和10年)から1939年(昭和14年)まで広島市長を務めた。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『帝国人事大鑑』
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『全国市長銘鑑』P.52

参考文献[編集]

  • 『昭和十一年度版 帝国人事大鑑』 帝国日日通信社、1936年
  • 『自治制実施五十周年記念 全国市長銘鑑』 帝国自治協会、1938年
  • 『衆議院要覧(乙)昭和十一年十二月』 衆議院事務局1936年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年