岩崎総十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩崎総十郎

岩崎 総十郎(いわさき そうじゅうろう、安政7年2月5日[1]1860年2月26日) - 大正9年(1920年5月2日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)、弁護士

経歴[編集]

仙台市出身。岡鹿門が開いた私塾「麟経堂」で学んだ後、専修学校(現在の専修大学)で法学経済学を学んだ。1881年明治14年)に専修学校を卒業すると、明治法律学校(現在の明治大学)に進み、翌年に卒業した。その後判事補に任ぜられ、大阪地方裁判所に勤務したが、やがて官を辞し、弁護士を開業した[1]

1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第13回衆議院議員総選挙でも再選された。

その他に塩水港精糖拓殖株式会社、七十七銀行、仙台瓦斯株式会社、大崎水電株式会社の監査役を務めた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『大正人名事典』p.1248
  2. ^ 『大正十年 国民年鑑』
  3. ^ 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 五十嵐栄吉『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 『大正十年 国民年鑑』国民新聞社、1921年。