武富済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武富済の肖像写真

武富 済(たけとみ わたる、1879年明治12年)4月23日 - 1937年昭和12年)4月20日)は、日本検事弁護士衆議院議員[1]憲政会立憲民政党)。正しくは武富 濟

略歴[編集]

愛知県碧海郡刈谷村(現在の刈谷市)出身。東京府尋常小に編入し、府立一中[2]二高を経て、1904年東京帝国大学法科卒業。司法官試補を経て、検事任官[1]塩野季彦小原直らと共に小林芳郎一門。

主な経歴として、東京区裁判所地方裁判所検事、大審院検事事務取扱。シーメンス事件帝人事件と並び、戦前の三大疑獄とされた日糖疑獄及び内外石油疑獄では、小林芳郎東京地方裁判所検事局検事正の下で、南谷知悌、小原直、小山松吉三浦栄五郎らと共に家宅捜査や贈収賄者の取調べ担当にあった。特に、後者の内外石油疑獄では、小原と共に事件担当となったが、小林芳郎らの抵抗も空しく、桂太郎総理の鶴の一声で、松室致検事総長、平沼騏一郎司法省刑事局長以下、本件捜査を見合わせることで終幕した[3]。さらに1910年大逆事件である「幸徳事件」における幸徳秋水検挙の功労者だとされている[1][4]

1912年、検事を退職し弁護士となり、東京弁護士会常議員会議長となる。1924年に憲政会公認で衆議院選挙に立候補、初当選。連続5期務める。立憲民政党総務など歴任。1929年小選挙区制法案に反対し、3月12日の衆議院本会議では法案審議を14日に延期する動議の趣旨説明を行った。武富の趣旨説明は、5時間30分にわたる長時間演説[5]となった。全国の選挙区を、郡・自治体別に詳細に取り上げ、さらに与党・立憲政友会院内会派新党倶楽部批判を始めたが、清瀬一郎副議長に討論を打ち切られた。これは憲政史上最長記録である。

同年、濱口内閣が成立すると初代拓務参与官に就任した[1][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 刈谷人物名鑑(30) (PDF) 」 、『かりや市民だより』第1870号、刈谷市、2004年9月、 p. 12、2010年1月19日閲覧。
  2. ^ 『東京府立第一中学校五十年史』巻末「如蘭会員及現在生徒名簿」(東京府立第一中学校,1929年)参照
  3. ^ 『小原直回顧録』(小原直、1967年) P27、P29
  4. ^ 『WhoPlus(フー・プラス)』(2005年、日外アソシエーツ
  5. ^ 途中、午後7時から8時5分まで休憩が入ったため、実時間は6時間を超えた。
  6. ^ 『日本官僚制総合事典 1868-2000』(東京大学出版会, 2001年)など参照

関連項目[編集]