堀川恭平 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀川 恭平(ほりかわ きょうへい、1894年明治27年)5月17日[1] - 1970年昭和45年)9月29日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

岡山県出身[2][3]1917年早稲田大学政治経済科を卒業[2][4]城南村会議員、城南村長、姫路市会議員、兵庫県会議員を歴任[4]。また、姫路市警防団長、播州交通 (株) 社長、兵庫県飼料統制 (株) 社長、鹿島建設 (株) 顧問、全国戦災都市連盟常任幹事などを務めた[4]

1946年4月、第22回衆議院議員総選挙に兵庫県第二区から日本進歩党所属で出馬し当選[4]。その後、第23回第24回第26回第27回(繰上当選)、第28回第30回第31回総選挙で7回当選し、衆議院議員を通算八期務めた[4]。この間、法務大臣秘書官衆議院商業委員長、同厚生委員長、第3次鳩山一郎内閣建設政務次官、特派大使、衆議院建設委員長、同決算委員長、同懲罰委員長、民主党両院議員総会長、自由民主党全国組織副委員長、同国会対策副委員長、同総務委員長、同近畿圏整備委員長などを歴任した[2][4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 衆議院『第九十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1946年、6頁。
  2. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』554頁。
  3. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』574頁では「兵庫県」。
  4. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』574頁。

参考文献[編集]

議会
先代:
綱島正興
日本の旗 衆議院懲罰委員長
1968年
次代:
岡本茂
先代:
白浜仁吉
日本の旗 衆議院決算委員長
1961年 - 1962年
次代:
吉川久衛
先代:
西村直己
日本の旗 衆議院建設委員長
1958年 - 1959年
次代:
羽田武嗣郎
先代:
佐々木盛雄
日本の旗 衆議院厚生委員長
1949年 - 1950年
次代:
寺島隆太郎
先代:
喜多楢治郎
日本の旗 衆議院商業委員長
1948年
次代:
廃止