山本芳治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山本芳治

山本 芳治(やまもと よしじ、1881年明治14年)9月8日[1]1950年昭和25年)12月28日[2])は、衆議院議員革新倶楽部立憲政友会)。厚生参与官弁護士

経歴[編集]

兵庫県加古郡八幡村(現在の加古川市)出身。1909年(明治42年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業した。司法官試補となるが辞して[3]大阪市に弁護士事務所を開業し、後に大阪地方裁判所所属弁護士会副会長に選ばれた。

大阪市会議員、市参事会員を経て、1924年大正13年)の第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選した。当選回数は合計で5回を数え、その間に第1次近衛内閣で厚生参与官を務めた。1942年(昭和17年)の第21回衆議院議員総選挙(いわゆる「翼賛選挙」)では大政翼賛会の推薦を受けて当選した。そのため、戦後、公職追放となる[4] 。追放中の1950年(昭和25年)に死去した。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第61回帝国議会衆議院議員名簿』、1932年。
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ 『官報』第8296号、明治44年2月20日
  4. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年741頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙)昭和十七年十一月』 衆議院事務局1942年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年