村上勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村上勇
むらかみ いさむ
生年月日 1902年4月7日
出生地 日本の旗 日本 大分県南海部郡大入島村(現佐伯市
没年月日 (1991-01-28) 1991年1月28日(88歳没)
死没地 東京都
出身校 早稲田工手学校(現早稲田大学芸術学校
所属政党 自由民主党
親族 弟・村上春蔵

日本の旗 第35代 郵政大臣
内閣 三木内閣
在任期間 1974年12月9日 - 1976年9月15日

日本の旗 第18代 建設大臣
内閣 第2次岸改造内閣
在任期間 1959年6月18日 - 1960年7月19日

内閣 第2次岸改造内閣
在任期間 1959年6月18日 - 1960年7月19日

日本の旗 第8代 郵政大臣
内閣 第3次鳩山内閣
在任期間 1955年11月22日 - 1956年12月23日

選挙区 大分1区
当選回数 14回
在任期間 1946年4月11日 - 1983年11月28日
テンプレートを表示

村上 勇(むらかみ いさむ、1902年4月7日 - 1991年1月28日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員。元参議院議員村上春蔵は実弟。長男は、元豊和工業株式会社会長村上禎。二男は、元フジテレビ同社スポーツ部長を務めた村上宏

来歴・人物[編集]

大分県南海部郡大入島村(現・佐伯市)に、土建業「村上組」を経営していた村上袈裟松の長男として生まれる。1918年早稲田工手学校(現・早稲田大学芸術学校)を卒業後、飛島組(現・飛島建設)を経て、1944年、村上組の後身「大和土建」社長となる。

1946年第22回衆議院議員総選挙日本自由党公認候補として旧大分1区から出馬し当選、以後当選14回(当選同期に小坂善太郎二階堂進江崎真澄小沢佐重喜石井光次郎坂田道太川崎秀二井出一太郎早川崇など)。大野伴睦派に所属する。政界入り当初は、大野に対しては良い印象は持っていなかったが、ある新聞記者が強引に大野に引き合わせたことを契機に意気投合し、昭和電工事件で大野が投獄されると神田博とともに慰めに出向き、また訴訟費用の工面などもしたようである。律儀で地道に仕事に取り組む姿勢を大野に見込まれ、第3次鳩山内閣郵政大臣第2次岸内閣改造内閣建設大臣と日の当たる道を歩んだ。

1964年に大野が亡くなると入閣候補の推薦を巡って派内が紛糾し、先輩の船田中、当選同期の水田三喜男らと袂をわかって村上派を形成。1971年、旧大野派の合同を掲げて、中川一郎らを引き連れて船田派を離脱した水田派に村上派が合流する形で、水田に派閥を譲った。1974年三木内閣で2度目の郵政大臣を務める。1977年10月、同年4月に死去した賀屋興宣の後を受けて日本遺族会会長(第5代)にも就任した。

1979年第34回衆議院議員総選挙で落選したが、1980年第35回衆議院議員総選挙では、78歳の高齢ながらトップで返り咲いた。1983年に引退し、その地盤は衛藤征士郎に引き継がれた。1991年1月28日死去。享年88。

初期の村上派メンバー[編集]

(出典:朝日新聞政治部編『政党と派閥』(朝日新聞社、1968年)

エピソード[編集]

大野派分裂の際、当時読売新聞の政治部記者で、大野伴睦に食い込んでいた渡邉恒雄は村上を嫌っていたため、後援企業に村上派への政治献金を取り止め、船田派に一本化するよう要請する挨拶状に差出人として名を連ねた。これにより資金パイプがますます細り、一定の効果はあったようである。

議会
先代:
早稲田柳右衛門
日本の旗 衆議院懲罰委員長
1973年 - 1974年
次代:
島村一郎
先代:
有田二郎
日本の旗 衆議院人事委員長
1953年
次代:
川島正次郎
公職
先代:
鹿島俊雄
松田竹千代
日本の旗 郵政大臣
第35代:1974年 - 1976年
第8代:1955年 - 1956年
次代:
福田篤泰
石橋湛山
先代:
遠藤三郎
日本の旗 建設大臣
第18代:1959年 - 1960年
次代:
橋本登美三郎
先代:
山口喜久一郎
日本の旗 北海道開発庁長官
第17代:1959年 - 1960年
次代:
西川甚五郎
党職
先代:
倉石忠雄
自由民主党国会対策委員長
第3代:1957年 - 1959年
次代:
福永健司