丹下茂十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丹下茂十郎

丹下 茂十郎(たんげ もじゅうろう、1880年明治13年)8月24日 - 1938年昭和13年)2月4日[1])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。

経歴[編集]

愛知県東春日井郡勝川町(現在の春日井市)に、丹下武左衛門の二男として生まれる[2]。愛知県の農林学校を卒業後、東春日井郡の書記、ついで愛知県の技手を務めた[3]。その後、判任官から高等官に昇任し、農商務省農務局事務官補を務めた。さらに滋賀県産業主事、理事官に任じられ、勧業課長、蚕糸課長、商品陳列所所長などを歴任した[4]

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、6回の当選を重ねた。その間、廣田内閣大蔵参与官を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3326号、昭和13年2月5日
  2. ^ 『代議士月旦』p.205
  3. ^ 『代議士詳覧』p.247
  4. ^ 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙)昭和十二年十一月』 衆議院事務局1937年
  • 大石末吉 『普選の勝者 代議士月旦』 東京平和新報社出版部、1928年
  • 広幡明男 『大正十三年五月当選 代議士詳覧』 泰山堂、1924年
  • 加藤紫泉 『新代議士名鑑』 国民教育会、1924年