津原武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
津原武

津原 武(つはら たけし、1868年11月22日明治元年10月9日[1])-1953年昭和28年)5月20日)は日本の政治家、実業家。衆議院議員加悦鉄道社長、宮津銀行監査役丹後縮緬工業組合理事長。

略歴[編集]

1868年(明治1年10月)、鳥取市にて生まれる。関西法律学校明治法律学校和仏法律学校(現・法政大学)で学び、京都宮津で弁護士を開業する。

与謝郡会議員・議長、宮津町長、京都府会議員などを経て、1915年大正4年)に第12回衆議院議員総選挙に当選する(当選5回、民政党)。

また、加悦鉄道社長、宮津銀行・橋北汽船などの役員、丹後縮緬工業組合理事長などを歴任した。

1953年(昭和28年)5月20日に死去、84歳。

共著[編集]

  • 『日本立法資料全集 別巻389 佛國人事法講義』(再版)(信山社、2006)

顕彰碑[編集]

宮津市真照寺に「丹後織物中興の祖」と追尊して、顕彰碑が建立されている。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十八回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1930年、4頁。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]