加藤重三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
加藤重三郎
Juzaburo Kato.jpg
加藤重三郎
生年月日 文久2年(1862年)5月
出生地 尾張国
没年月日 1933年昭和8年)6月19日
出身校 明治法律学校
テンプレートを表示

加藤 重三郎(かとう じゅうさぶろう、文久2年5月29日[1]1862年6月26日) - 昭和8年(1933年6月19日)は、日本政治家。第6代名古屋市長。衆議院議員

経歴[編集]

尾張国(現・愛知県)出身。明治法律学校(現・明治大学)卒業。新潟県長岡・高田各区裁判所監督判事、弁護士などを経て、明治36年(1903年)名古屋市議会議長。明治39年(1906年)には名古屋市長に就任、上下水道の新設、区の設置等を手懸ける。大正9年(1920年)衆議院議員。その他、石川鉄道社長、名古屋電燈(後の東邦電力)社長や東海道電気鉄道(現・名古屋鉄道)取締役なども務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十三回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1920年、14頁。