磯部尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
磯部尚

磯部 尚(いそべ ひさし、1875年明治8年)11月23日[1] - 1935年昭和10年)11月1日)は、日本の衆議院議員立憲政友会)、弁護士

経歴[編集]

福井市士族日比登の二男として生まれる。京都帝国大学教授で工学博士の日比忠彦は実兄。第一高等学校を経て、1898年東京帝国大学法科大学を卒業。卒業後、直ちに弁護士を開業した。弁護士・貴族院議員磯部四郎の長女艶子と結婚し、姓を改めた。

本所区会議員、東京市会議員を経て、1917年第13回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、4回の当選を重ねた。その間、田中義一内閣司法参与官を務めた。1934年3月11日に議員在職のまま死去した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 漆崎多四郎『貴衆両院議員名鑑』、1919年、p.39。
  2. ^ 官報』第2654号、昭和10年11月6日

参考文献[編集]

  • 坂本箕山 『現代名士人格と修養』 帝国文学通信社、1920年