今井耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今井 耕(いまい こう、1896年2月28日[1] - 1976年1月18日)は、日本の政治家自由民主党衆議院議員(6期)。

経歴[編集]

滋賀県出身[2]。長浜農学校卒[2]。卒業後は同校教諭や栗太農学校教諭を務める[2]1946年第22回衆議院議員総選挙で滋賀県から無所属で立候補して当選し、当選後は国民協同党に入った(その後所属は国民民主党改進党日本民主党→自由民主党)。以来当選6回[3]第2次鳩山一郎内閣建設政務次官、衆議院決算委員長などを歴任した[2][3]1960年第29回衆議院議員総選挙で落選、政界を引退した。1976年死去。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 衆議院『第九十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1946年、17頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』76頁。
  3. ^ a b 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』74頁。

参考文献[編集]