日本民主党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 日本政党
日本民主党
52 HatoyamaI.jpg
総裁・鳩山一郎
成立年月日 1954年11月24日[1][2]
前身政党 自由党(反吉田派[3][2]
改進党[2][3]
日本自由党[2][3]
解散年月日 1955年11月14日[2]
解散理由 自由党との保守合同[2]
後継政党 自由民主党[2]
政治的思想・立場 保守[2]
民族主義[2]
日本国憲法改正[2][4]
再軍備[4]
テンプレートを表示

日本民主党(にほんみんしゅとう)は、かつて存在した日本の政党。総裁は鳩山一郎が務めた[2]

党史[編集]

保守勢力の合同の前段階として、1954年11月24日に結党された。当初は保守系の自由党と中道系の改進党が合同する予定であったが、与党自由党における吉田茂首相のワンマン体制が自由党内で軋轢を生み、その結果、自由党を離党した鳩山一郎派と改進党で合同し、吉田内閣を退陣に追い込むことに目標を変更した。自由党に対抗するため、自主憲法論を唱え再軍備を主張した。

第5次吉田内閣造船疑獄などにより支持を失い、日本民主党結成により内閣不信任決議案可決が必至となった。追い詰められた吉田首相は衆議院解散を断念し、内閣は総辞職した。12月10日、第一次鳩山内閣が成立する[5][6]。少数与党内閣であったため、1955年1月24日に衆議院解散となった。2月27日の第27回衆議院議員総選挙では第1党となったが過半数には達せず、右派社会党左派社会党が合計で民主党とほぼ匹敵する議席数を獲得した。

社会党の伸長を受けて、日本民主党と自由党の合同、いわゆる保守合同が政治日程に登ってきた。民主党は三木武吉総務会長を中心として岸信介幹事長らが保守合同を牽引した。しかし三木武夫松村謙三ら旧改進党の左派系は合同に反対した。三木が保守合同に反対した理由としては、保守政党革新政党二大政党制が実現すると、保守政党はより保守化し、革新政党はより革新化する力学が働くため、健全な議会政治が育たないことを挙げていた。また自由党内も緒方竹虎総裁は合同に積極的であったものの、吉田を中心に強硬な反対派が存在した。民主、自由両党ともに反対派を抱え、保守合同はたやすく実現しなかったが、革新側の社会党再統一(10月13日)と財界からの要望もあり、1955年(昭和30年)11月15日、保守合同が実現し自由民主党が結成された[7][8][9]

自由民主党の派閥である「清和会」・「政策科学研究所」・「新政策研究会」が旧民主党の潮流を継ぎ、旧自由党が保守本流と呼ばれたのに対して、旧民主党は保守傍流と呼ばれた。

役職[編集]

歴代総裁一覧[編集]

総裁 在任期間
1 52 HatoyamaI.jpg 鳩山一郎 1954年(昭和29年)11月24日 - 1955年(昭和30年)11月15日

[10]

歴代役員表[編集]

総裁 副総裁 幹事長 総務会長 政務調査会長 最高委員 参議院議員会長
鳩山一郎 重光葵 岸信介 三木武吉 松村謙三 芦田均
石橋湛山
大麻唯男
苫米地義三
星島二郎
苫米地義三
鳩山一郎 重光葵 岸信介 三木武吉 清瀬一郎 芦田均
安藤正純
北村徳太郎
苫米地義三
鳩山一郎 重光葵 岸信介 三木武吉 清瀬一郎 芦田均
安藤正純
北村徳太郎
植原悦二郎
苫米地義三

[10]

党勢の推移[編集]

衆議院[編集]

選挙 当選/候補者 定数 備考
(結党時) 120/- 466
第27回総選挙 ○185/286 467

参議院[編集]

選挙 当選/候補者 非改選 定数 備考
(結党時) ?/- - 250 選挙を経ないまま自由民主党に参加
  • 当選者に追加公認は含まず。追加公認には会派に加わった無所属を含む。

[11]

出典[編集]

  1. ^ 宇野俊一ほか編 『日本全史(ジャパン・クロニック)』 講談社、1991年、1106頁。ISBN 4-06-203994-X
  2. ^ a b c d e f g h i j k 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2018年8月5日閲覧。
  3. ^ a b c 大辞林 第三版 コトバンク. 2018年11月23日閲覧。
  4. ^ a b 百科事典マイペディア コトバンク. 2018年11月23日閲覧。
  5. ^ 御厨(1987)pp.305-310
  6. ^ 小宮(2010)pp.202-204,209
  7. ^ 御厨(1987)p.310
  8. ^ 小宮(2010)pp.230-231
  9. ^ 村松(2010)p.118
  10. ^ a b 村川、石上
  11. ^ 石川、山口

参考文献[編集]