草野一郎平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

草野 一郎平(くさの いちろうべい、1906年1月5日 - 1973年11月22日)は、日本の政治家衆議院議員(6期)。自由民主党所属。

経歴[編集]

滋賀県東浅井郡出身。高等小学校卒業後に電力会社勤務の傍ら近江新聞の通信員となり、大谷大学卒業後に新聞記者をしながら農民運動に参加。1933年に27歳で大津市議会議員に当選し、新聞記者と政治家・農民運動家として活動し滋賀新聞編集局長を歴任した。

国政選挙では、1942年翼賛選挙で滋賀選挙区に東方会から出馬したものの落選。終戦直後の1946年の総選挙でも無所属で出馬したが次点に終わり、公職追放で一時期政治から遠ざかることになる。追放解除後の1952年の総選挙では落選に終わるが、1955年の総選挙日本民主党から出馬し、ようやく初当選。以後落選1回を経て6期務める。

この間、1962年12月8日には衆議院議事進行係を務め、第2次池田内閣の3度目の内閣改造から第3次池田内閣にかけて内閣官房副長官第1次佐藤内閣の再改造から第2次佐藤内閣にかけて農林政務次官をそれぞれ務めた。1970年衆議院農林水産委員長。6期目途中の1973年に死去。

著書[編集]

  • 『雑草録―ある代議士の独白』(鹿島研究所出版会、1968年)

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年11月)