栗生俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栗生 俊一(くりゅう しゅんいち)は、日本の警察官僚東京都出身。東京大学卒。1981年警察庁入庁。第27代警察庁長官

警察庁長官官房総括審議官、警察庁刑事局長、警察庁長官官房長を歴任。2016年8月警察庁次長に就任。2018年1月18日警察庁長官に就任した[1][2]

アメリカインド大使館勤務も経験し、海外経験が豊富である。

脚注[編集]

  1. ^ 警察庁長官に栗生俊一氏が昇格 海外経験豊富 産経ニュース2018年1月13日 https://www.sankei.com/economy/news/180113/ecn1801130015-n1.html
  2. ^ 警察庁長官に栗生俊一氏が就任へ 閣議で承認 朝日新聞2018年1月12日
公職
先代:
坂口正芳
日本の旗 警察庁長官
2018年 -
次代:
現職