栗生俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栗生 俊一
くりゅう しゅんいち
20211004kuryu shunichi.jpg
内閣官房副長官就任に際し公表された公式肖像写真
生年月日 (1958-12-06) 1958年12月6日(63歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
出身校 東京大学法学部卒業
前職 第27代警察庁長官

日本の旗 内閣官房副長官
(事務担当)
内閣 第1次岸田内閣
第2次岸田内閣
在任期間 2021年10月4日 - 現職
テンプレートを表示

栗生 俊一(くりゅう しゅんいち、1958年12月6日 - )は、日本の警察官僚内閣官房副長官内閣人事局長東京都出身。東京大学法学部卒業。1981年警察庁入庁。第27代警察庁長官

概要[編集]

警察庁長官官房総括審議官警察庁刑事局長警察庁長官官房長を歴任。2016年8月警察庁次長に就任。2018年1月18日警察庁長官に就任した[1][2]2020年1月17日、退官。5月1日ANAホールディングス顧問[3]。8月1日アスパラントグループ株式会社顧問[4]。11月1日三菱電機顧問[5]

アメリカインド大使館勤務も経験し、海外経験が豊富である。

2021年10月4日 杉田和博の後任として内閣官房副長官に就任[6]

略歴[編集]

  • 1981(昭和56)年3月 - 東京大学法学部卒業
  • 1981(昭和56)年4月 - 警察庁採用
  • 1985(昭和60)年9月 - 外務省アジア局北東アジア課
  • 1992(平成4)年2月 - 外務省在インド日本国大使館一等書記官
  • 1995(平成7)年3月 - 警察庁刑事局暴力団対策部暴力団対策第二課理事官
  • 1996(平成8)年2月 - 警察庁刑事局暴力団対策部暴力団対策第一課理事官
  • 1997(平成9)年1月 - 警察庁刑事局刑事企画課理事官
  • 1998(平成10)年2月 - 外務省在アメリカ合衆国日本国大使館参事官
  • 2001(平成13)年4月 - 警察庁長官官房国際部国際第二課長
  • 2004(平成16)年5月 - 警視庁組織犯罪対策部長
  • 2005(平成17)年8月 - 徳島県警察本部長
  • 2007(平成19)年8月 - 警察庁刑事局刑事企画課長
  • 2007(平成19)年9月 - 内閣総理大臣秘書官
  • 2008(平成20)年9月 - 警察庁刑事局組織犯罪対策部企画分析課長
  • 2009(平成21)年4月 - 警察庁長官官房政策評価審議官
  • 2009(平成21)年4月 - (併)警察庁長官官房審議官(犯罪収益対策・国際・取調べ監督指導担当)
  • 2009(平成21)年4月 - (併)警察庁刑事局付
  • 2012(平成24)年1月 - 警察庁刑事局組織犯罪対策部長
  • 2012(平成24)年1月 - (併)警察庁生活安全局付
  • 2012(平成24)年1月 - (併)警察庁刑事局付
  • 2012(平成24)年1月 - (併)警察庁長官官房付
  • 2013(平成25)年2月 - 警察庁長官官房総括審議官
  • 2014(平成26)年1月 - 警察庁刑事局長
  • 2015(平成27)年1月 - 警察庁長官官房長
  • 2016(平成28)年8月 - 警察庁次長
  • 2018(平成30)年1月 - 警察庁長官
  • 2020(令和2)年1月 - 退官
  • 2021 (令和3) 年10月 - 内閣官房副長官
  • 2021 (令和3) 年10月 -(併)内閣人事局

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
杉田和博
日本の旗 内閣官房副長官(事務担当)
2021年 -
次代:
現職
先代:
杉田和博
日本の旗 内閣人事局長
2021年 -
次代:
現職
先代:
坂口正芳
日本の旗 警察庁長官
2018年 - 2020年
次代:
松本光弘
先代:
高綱直良
日本の旗 警察庁刑事局
2014年 - 2015年
次代:
三浦正充
先代:
小谷渉
日本の旗 警察庁長官官房総括審議官
2013年 - 2014年
次代:
沖田芳樹