古賀廉造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古賀 廉造(こが れんぞう、1858年3月1日安政5年1月16日) - 1942年昭和17年)10月11日)は、日本裁判官検察官刑法学者大審院検事判事法典調査会刑法起草委員。貴族院勅選議員原敬に引き立てられ出世したが、阿片密売の罪で失脚した。相場も好きで、金山購入で大損害も出した[1]

経歴[編集]

栄典[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『奇物凡物』 鵜崎鷺城 著 (隆文館図書, 1915)
  2. ^ 『官報』第106号、大正元年12月6日。
  3. ^ 大正12年12月12日第47回帝国議会貴族院議事速記録第1号。
  4. ^ 『官報』第4636号「叙任及辞令」1898年12月12日。
  5. ^ 『官報』第5243号「叙任及辞令」1900年12月21日。
  6. ^ 『官報』第5964号「叙任及辞令」1903年5月22日。
  7. ^ 『官報』第7014号「叙任及辞令」1906年11月14日。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]