富田健治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富田 健治(とみた けんじ、1897年明治30年)11月1日 - 1977年昭和52年)3月23日)は、大正・昭和期の日本の内務官僚政治家兵庫県出身。石川県警察部長、官選長野県知事第二次および第三次近衛内閣内閣書記官長貴族院議員。戦後、自由民主党衆議院議員

来歴・人物[編集]

兵庫県神戸市生まれ。1921年大正10年)京都帝国大学法学部卒業後、内務省に入り静岡県岐阜県神奈川県警視。その間、内務事務官、福井県書記官・学務部長、拓務書記官、石川県書記官・警察部長、大阪府書記官・警察部長、内務省書記官・警保局保安課長、警保局長、長野県知事を歴任。

1940年(昭和15年)7月から1941年(昭和16年)10月まで第二次および第三次近衛内閣で内閣書記官長を務め、新体制運動をおしすすめた。

1941年(昭和16年)10月から1946年(昭和21年)5月25日[1]まで貴族院議員。1944年(昭和19年)以降、平塚市に居住。

1946年(昭和21年)8月に公職追放指定、1952年(昭和27年)3月公職追放解除。

1952年(昭和27年)、衆議院議員当選(兵庫2区、自由民主党。以後、1955年に1度落選。1963年の落選による引退まで当選4回)。

1967年(昭和42年)、勲二等瑞宝章受章。

1977年(昭和52年)3月23日、死去。

著作[編集]

  • 『敗戦日本の内側 近衛公の思い出』(古今書院、1962年)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5810号、昭和21年5月30日。