堀切善次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堀切善次郎
ほりきり ぜんじろう
Zenjiro Horikiri.jpg
生年月日 1884年9月2日
出生地 日本の旗 日本 福島県信夫郡上飯坂村
(現福島県福島市)
没年月日 (1979-11-01) 1979年11月1日(95歳没)
出身校 東京帝国大学法学科卒業
(現東京大学)
前職 内務省警保局保安課長兼図書課長
現職 東京都公安委員長
早稲田中学校・高等学校校長
称号 勲一等旭日大綬章
勲一等瑞宝章
従三位
勲二等瑞宝章
帝都復興記念章
従四位
配偶者 堀切敏子
堀切澄子
親族 義父・阪谷芳郎(大蔵大臣)
兄・堀切善兵衛(衆議院議長)
弟・内池久五郎(衆議院議員)

日本の旗 第63代 内務大臣
内閣 幣原内閣
在任期間 1945年10月9日 - 1946年1月13日

在任期間 1933年12月 - 1946年5月14日

Emblem of Tokyo Metropolis.svg 第13代 東京市長
在任期間 1929年4月24日 - 1930年5月12日

神奈川県の旗 官選 第13代 神奈川県知事
在任期間 1925年9月16日 - 1926年9月28日
テンプレートを表示

堀切 善次郎(ほりきり ぜんじろう、1884年明治17年〉9月2日 - 1979年昭和54年〉11月1日)は、日本の政治家

経歴[編集]

堀切良平の次男として福島県信夫郡上飯坂村(現・福島県福島市)に生まれる[1][2]東京帝国大学法学科を首席で卒業後、内務省に入省し[2]、内務監察官、兼内務省参事官警保局保安課長兼図書課長などを歴任した。1925年(大正14年)に神奈川県知事、翌年9月には復興局長官となる[2]。1929年(昭和4年)4月に東京市長、翌年12月には拓務次官を務め、1932年(昭和7年)5月に成立した斎藤内閣において法制局長官に就任、翌年3月には内閣書記官長に転じて、同年12月に貴族院勅選議員に勅任された[2]。1934年(昭和9年)には、5月30日に死去した東郷平八郎国葬を葬儀委員長として執り仕切った[2]

戦後幣原内閣内務大臣を務め、1945年(昭和20年)10月23日、帝国議会に女性の選挙権被選挙権を認める選挙法改正法案を提出、同年12月15日可決成立する。1946年(昭和21年)5月14日、貴族院議員を辞職[3]。同年に公職追放となるが、主権回復後は、東京都公安委員長に1954年(昭和29年)から15年にわたり在任したほか、1954年から1959年(昭和34年)まで、出身校の早稲田中学校・高等学校校長を務めた[4]

栄典[編集]

位階
勲章等

著書など[編集]

  • 『帝都市民諸君に寄す』
  • 『早稲田中学校創立六十周年記念録』
  • 『貴族院改革資料』巌松堂書店 1923
  • 『現代史を語る(7)――内政史研究会談話速記録』(伊藤隆監修、内政史研究会編、現代史料出版、2012年)。他は田中広太郎

家族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年、ホ36頁。
  2. ^ a b c d e 概要 - 旧堀切邸、2020年7月28日閲覧。
  3. ^ 『官報』第5799号、昭和21年5月17日。
  4. ^ 『早稲田大学百年史』別巻II 第四編 第二章、2020年7月28日閲覧。
  5. ^ 『官報』第14号「叙任及辞令」1927年1月17日。
  6. ^ 『官報』第2111号「叙任及辞令」1934年1月18日。
  7. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。
  8. ^ 『官報』第1830号「叙任及辞令」1933年2月7日。
  9. ^ 中野文庫 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧
  10. ^ 中野文庫 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧
  11. ^ a b 阪谷芳郎の家庭教育伊藤真希、愛知淑徳大学大学院現代社会研究科、現代社会研究科研究報告6、2011-03-04


公職
先代:
山崎巌
日本の旗 内務大臣
第70代:1945年 - 1946年
次代:
三土忠造
先代:
柴田善三郎
日本の旗 内閣書記官長
第33代:1933年 - 1934年
次代:
河田烈
先代:
島田俊雄
日本の旗 法制局長官
第30代:1932年 - 1933年
次代:
黒崎定三
先代:
小村欣一
日本の旗 拓務次官
第2代:1930年 - 1932年
次代:
河田烈