植原悦二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
植原 悦二郎
うえはら えつじろう
Etsujiro uehara.jpg
衆議院副議長の頃(1932年/昭和7年)
生年月日 1877年5月15日
出生地 日本の旗 日本 長野県南安曇郡明盛村
没年月日 (1962-12-02) 1962年12月2日(満85歳没)
出身校 ワシントン州立大学(学部)
ロンドン大学(大学院)
所属政党 立憲国民党
革新倶楽部
立憲政友会
日本自由党
民主自由党
自由党
分党派自由党
日本民主党
自由民主党
テンプレートを表示

植原 悦二郎(うえはら えつじろう、1877年明治10年)5月15日 - 1962年昭和37年)12月2日)は、日本政治家政治学者国務大臣内務大臣

来歴[編集]

長野県南安曇郡明盛村(現・安曇野市)生まれ。3歳の時に生家が没落し、豊科高等小学校卒業後、製糸工場での女工の検番、横浜税関勤務を経て、1899年(明治32年)渡米。学校で給仕として働きながらハイスクールを出て、週刊紙『日米商報』を発行しながら、1907年(明治40年)ワシントン州立大学を卒業。さらに同年ロンドン大学大学院に進み、1910年(明治43年)に修了して博士号を取得した。

翌年に帰国後は明治大学教授、立教大学教授、東京高等工業学校講師を歴任し、政治学や比較憲法論等を講じていた。吉野作造民本主義に対し、天皇には統治権はあるが、主権国民に存するとする国民主権論を大胆に主張、急進的な大正デモクラットとして言論活動を展開した。1917年(大正6年)犬養毅の要請に応えて第13回総選挙立憲国民党公認で旧長野全県区から立候補し当選。以後当選13回を数える。普選実現に尽力しながら、犬養に従って革新倶楽部立憲政友会と移籍する。1924年(大正13年)加藤高明内閣で逓信参与官、1926年(大正15年)田中義一内閣で外務参与官に就任。1932年(昭和7年)から1936年(昭和11年)にかけては衆議院副議長を務めた。1939年(昭和14年)の政友会分裂に際しては鳩山一郎久原房之助らとともに正統派(久原派)に属した。

大政翼賛会には批判的な立場を取り、1941年(昭和16年)11月10日には鳩山・尾崎行雄らと反翼賛会の「同交会」を結成。1942年(昭和17年)の翼賛選挙には落選した。戦後は鳩山・芦田均安藤正純らと日本自由党の結成に参画。1946年(昭和21年)第1次吉田内閣国務大臣として入閣する。改造後は内務大臣

剛直なリベラリストとして知られたが、戦時中の予算委員会東郷茂徳外務大臣の「戦争を早期に終結して和平に導くのが外務大臣の職務」の答弁に対して「敵を撃滅するのが戦争の目的なのに講和の準備をするとは何事か」とこれを糾弾した。また新憲法の第9条については「独立国でありながら軍隊が持てないのはおかしい」という明快な見解で、同じく国務大臣の斎藤隆夫とともに閣内で強く反対した。

参考文献[編集]