湯沢三千男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
湯沢三千男
Michio Yuzawa.jpg
生年月日 明治21年(1888年5月20日
出生地 日本の旗 日本 栃木県上都賀郡加蘇村(現:鹿沼市
没年月日 昭和38年(1963年2月21日
出身校 東京帝国大学法科大学経済学科(現:東京大学経済学部
前職 内務官僚
所属政党 自由民主党

日本の旗 第58代内務大臣
内閣 東条内閣
在任期間 1942年 - 1943年
テンプレートを表示

湯沢 三千男(ゆざわ みちお、明治21年(1888年5月20日 - 昭和38年(1963年2月21日)は、大正昭和期の日本政治家内務官僚宮城広島兵庫県知事内務次官の後、東條内閣では内務大臣を務め、第二次世界大戦後も自由民主党参議院議員として活動した。

随筆や美術評論を書いたり、画集を監修したりするなど文化人でもあった[1]

来歴[編集]

1929年にスイスジュネーブで開かれた国際労働会議に政府代表として参加した湯沢(最前列中央)

栃木県上都賀郡加蘇村(現在の鹿沼市)の宮司の子として生まれる。旧制第一高等学校を経て明治45年(1912年)に東京帝国大学法科大学経済学科を卒業後、内務省に入省する(福島県[2])。地方官を歴任後、衛生行政畑を歴任する。明治神宮競技大会の発案者であると言われている。昭和4年(1929年)に宮城県知事、同6年(1931年)に土木局長、広島県知事、同10年(1935年)に兵庫県知事となった。昭和11年(1936年)に潮恵之輔内務大臣のもとで内務次官を務める。

広田内閣の崩壊後に退任。日中戦争勃発翌年の昭和13年(1938年)に中華民国臨時政府の顧問として中国に渡るが、そこで日本陸軍北支那方面軍の参謀長であった武藤章と親しくなった。武藤の縁で陸軍と強いパイプを築くことになった湯沢は昭和15年(1940年)に大日本産業報国会理事長に就任する。

昭和16年(1941年)の東條内閣成立に際して、開戦派によるクーデター防止を理由に東條英機首相が内務大臣を兼務したが、これを補佐する為の内務次官として武藤によって推挙されたのが湯沢だった[3]。その後、太平洋戦争大東亜戦争)が開戦となり、総選挙は戦時下の情勢を理由に一年延期となっていたが、緒戦の勝利に沸く国民感情を利用し、政府系の候補者で議会を独占しようと考えた東條は、「翼賛選挙」準備のために、昭和17年(1942年2月7日、湯沢に内務大臣の地位を譲った。

翼賛選挙[編集]

内相就任後は、翼賛議員同盟の実力者山崎達之輔の実弟で内務省の要職を歴任した山崎巌を内務次官として旧既成政党関係者との連携を図った。同年4月30日第21回衆議院議員総選挙では大規模な選挙干渉が行われる一方で、大政翼賛会内部では強力な後援会と政府とのつながりを背景に公認を獲得する既成政党出身の前職と、既成勢力の排除と新人による新生議会の形成を主張する軍部の一部や革新派、大日本翼賛壮年団との対立の激化、選挙の進め方を巡る湯沢との対立に起因する警保局長今松治郎警視総監留岡幸男の辞任などの混乱が続いた。

地方自治改正法案と更迭[編集]

1942年の暮れに召集された第81帝国議会で湯沢は、東京都制法案と市制町村制改正案を提出した。東京都長官・市町村長を全て官選あるいは準官選にするという提案に、東條は議会や世論の政府批判につながることを憂慮して星野直樹内閣書記官長森山鋭一法制局長官鈴木貞一企画院総裁、谷正之情報局総裁とともに提案延期を説得し、翼賛政治会からも差し止め要請が出されたものの、湯沢は戦時下の今こそ内務省に人事権を取り戻す好機と踏んで提出したのである。ところが議会はこれを内務省の強権として激しく反発し、更に翼賛選挙の非推薦議員からは「翼賛選挙の違憲性」の問題が提示された。東條らの政治工作で両法案は一部修正を経て通過されたものの、湯沢は「挙国一致」性を疑われかねない政府と議会の対立を引き起こしたことで、東條からの信頼を失い、昭和18年(1943年4月20日に更迭されることとなった。直後の同月30日に貴族院勅選議員に任じられて[4]終戦を迎え、1946年(昭和21年)2月22日まで在任した[5]

戦後[編集]

戦後、公職追放となるが、追放解除後に中央社会保険医療協議会会長市町村建設促進中央審議会会長明治神宮総代などを歴任。昭和34年(1959年)の第5回参議院議員通常選挙に自由民主党公認候補として栃木県選挙区から立候補して当選し、在職中に死去[1]した。

著書・伝記[編集]

  • 『支那に在りて思ふ』創元社、1940年
  • 『湯澤三千男さんの思い出 内務官僚・内務大臣』編者代表山岡憲一、同・刊行会、1963年

このほかメモや日記を遺しており、昭和天皇が終戦に際して街頭で国民に直接話してもよいと語った(松平康昌からの伝聞)ことや、画家熊谷守一との交流など、政治史や美術史の秘話も記されている[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 【戦後77年】内務大臣 終戦時の日記/昭和天皇「街頭に立つ決意」 画壇との交流も記す読売新聞』夕刊2022年8月5日9面(同日閲覧)
  2. ^ 『日本官僚制総合事典』(東京大学出版会、2001年11月発行)202頁
  3. ^ これについて元警保局長の貴族院議員松本学は「従来軍部に余りにも因縁をむすびすぎた応報として内務省を雍せんとする彼ら(軍部)の意図の先棒をかつがされることになった」と書き記して前途を憂いている。
  4. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂 52頁
  5. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂 54頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

議会
先代
小山邦太郎
日本の旗 参議院予算委員長
1962年
次代
木内四郎
公職
先代
東條英機
日本の旗 内務大臣
第65代:1942年 - 1943年
次代
安藤紀三郎
官職
先代
赤木朝治
萱場軍蔵
日本の旗 内務次官
第38代:1936年 - 1937年
第46代:1941年 - 1942年
次代
篠原英太郎
山崎巌
先代
白根竹介
兵庫県の旗 兵庫県知事
官選:1935年 - 1936年 
次代
岡田周造
先代
千葉了
広島県の旗 広島県知事
官選:1932年 - 1935年 
次代
鈴木敬一
先代
牛塚虎太郎
宮城県の旗 宮城県知事
官選:1929年 - 1930年 
次代
三辺長治