岸宏一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
岸 宏一
きし こういち
生年月日 (1940-06-03) 1940年6月3日(76歳)
出生地 日本の旗 山形県最上郡金山町
出身校 早稲田大学政治経済学部
前職 山形県最上郡金山町長
参議院議員
所属政党 自由民主党岸田派
公式サイト 岸 宏一 オフィシャル ウェブサイト

選挙区 山形県選挙区
当選回数 3回
在任期間 1998年7月26日 - 2016年7月25日

当選回数 7回
在任期間 1971年 - 1998年

Flag of Kaneyama Yamagata.svg 金山町議会議員
当選回数 1回
在任期間 1967年 - 1971年
テンプレートを表示

岸 宏一(きし こういち、1940年6月3日 - )は、日本政治家自由民主党所属の前参議院議員(3期)。

参議院厚生労働委員長政治開発援助等に関する特別委員長予算委員長厚生労働副大臣第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、総務大臣政務官第1次小泉第1次改造内閣)、山形県最上郡金山町長(7期)、金山町議会議員(1期)、を務めた。

来歴[編集]

山形県最上郡金山町の山林地主である岸家の一族に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業[1]

1967年、故郷・金山町の町議会議員に初当選する。1971年には同町長選に出馬・当選し、以後1998年まで7期27年間にわたり町長を務めた。また町長在職中は山形県町村会会長、全国豪雪地帯町村対策協議会副会長、全国山村振興連盟副会長、全国町村会常任理事を歴任。金山町長在任中の1982年、早稲田大学在学中の友人で朝日新聞編集委員の田岡俊次の助言を受けて、全国の地方自治体で初めて情報公開条例を制定した[2]。1993年の山形県知事選挙では、自由民主党が県内市町村長に無断で土田正剛を推薦したことに反発し、高橋和雄を擁立して高橋当選に貢献した[2]第17回参議院議員通常選挙の際には日本社会党・自民党から出馬要請を受けるが辞退[2]。1996年、高橋から推薦を受けて山形県農業会議会長に就任し、以降の選挙戦で農業委員からの支援を受けるようになる[2]

1998年に金山町長を辞職[1]第18回参議院議員通常選挙に自民党公認で山形県選挙区から出馬し、初当選した。2002年第1次小泉第1次改造内閣総務大臣政務官に任命される。2004年第20回参議院議員通常選挙で再選。2007年第1次安倍改造内閣厚生労働副大臣に任命され、福田康夫内閣まで務めた。2009年山形県知事選挙では、加藤紘一が支持する現職の斎藤弘ではなく、新人の吉村美栄子を支持。岸の地盤である最上地方8市町村のうち、7市町村で吉村の得票数が斎藤を上回り、吉村当選に貢献した[3]2010年第22回参議院議員通常選挙で3選。同年の3月31日高校無償化法案の採決で自民党は反対の党議拘束をかけていたが、岸、伊達忠一の2議員はこれに造反して賛成票を投じた。岸はボタンの押し間違いと釈明し、自民党執行部はこれを不問にした[4]

2012年第46回衆議院議員総選挙に際しては、前酒田市長阿部寿一山形3区への擁立を主張。自民党山形県連内では、現職の加藤ではなく阿部を自民党公認で擁立する動きもあったが、結局加藤が公認を受けた[5]。阿部は無所属で山形3区から出馬、加藤を破り、初当選した。加藤は党の73歳定年制のために比例重複立候補が認められず、比例復活も出来ずに議席を失った。

2013年、参議院政府開発援助等に関する特別委員長に就任、2014年には参議院予算委員長に就任した[1]

2015年2016年第24回参議院議員通常選挙に立候補せず、任期限りで引退することを表明[6]。引退に伴う後任選定に際し、自民党山形県連が岸に相談せずに後任を決定したことに不快感を示したが、6月14日に県連会長の遠藤利明が謝罪したことで和解した[7]

政策・主張[編集]

  • 自身のホームページで7つの約束を提言している[8]
    • 社会保障制度の安定=未来への希望と挑戦者への支援
    • 将来に向けて持続可能な財政の立て直し
    • 国の根幹である地方の活性化=雇用の確保、所得の向上、健康で安心して暮らせる環境整備、地域にとって必要不可欠な公共事業の推進
    • 誇りある国家としての外交・安全保障政策の堅持
    • 本県の基幹産業である農業などの第一次産業の振興と育成に再チャレンジの機会拡大を=加工や販売・流通の第二次、第三次産業との連携強化
    • 未来への成長の種である研究開発=環境や省エネルギー、新エネルギー分野の開拓
    • 国づくりの基礎である人材の育成と教育
  • 日本軍慰安婦強制連行したとする主張を否定している[9]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入に反対[10]
  • 永住外国人への地方選挙権付与に反対[10]

不祥事[編集]

  • 岸の資金管理団体が、2013年に東京都内のSMバーとみられる店に政治活動費を支出していたことが発覚した[11][12]

政治資金[編集]

人物[編集]

  • 家族は1男、1女。 2015年4月の山形県議選最上選挙区から、秘書を務めた長男が出馬するも落選している[14]
  • 親族の岸英一、祖父の岸伊一郎も金山町長を務めた[15]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロフィール”. 岸宏一 オフィシャル ウェブサイト. 2016年6月14日閲覧。
  2. ^ a b c d 勇退の岸氏、政治活動振り返る 加藤紘一氏との応酬勲章”. 山形新聞 (2016年6月3日). 2016年6月14日閲覧。
  3. ^ “岸氏、勇退の意向 来夏参院選に出馬せず”. 山形新聞. (2015年6月20日). http://yamagata-np.jp/news/201506/20/kj_2015062000449.php 2015年6月20日閲覧。 
  4. ^ “自民2議員、高校無償化法案「賛成」 ボタン押し違える”. 朝日新聞. (2010年3月31日). オリジナル2010年4月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100402010202/http://www.asahi.com/politics/update/0331/TKY201003310349.html 2016年11月26日閲覧。 
  5. ^ “〈衆院選〉絡む遺恨 攻守逆転/「与党」互いに強調/山形3区”. 河北新報. (2014年12月10日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201412/20141210_51012.html 2015年4月6日閲覧。 
  6. ^ “〈来夏参院選〉岸宏一氏4選不出馬”. 河北新報. (2015年6月22日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201506/20150622_51053.html 2015年6月23日閲覧。 
  7. ^ 【2016参院選】遠藤会長が岸氏に謝罪 「現職に相談せず後任選定」”. 山形新聞 (2016年6月18日). 2016年6月19日閲覧。
  8. ^ 公式ページ 政策
  9. ^ しんぶん赤旗 2013年1月6日
  10. ^ a b 毎日新聞2010年参院選候補者アンケート
  11. ^ 「SMバーに?自民・岸参院議員の政治団体が活動費支出」、テレ朝ニュース、2015年3月2日
  12. ^ 日刊ゲンダイ、2015年3月5日
  13. ^ しんぶん赤旗 2002年3月10日
  14. ^ “<統一選>最上/初陣岸さん、広がり欠く”. 河北新報. (2015年4月13日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201504/20150413_51007.html 2015年4月12日閲覧。 
  15. ^ “<統一選焦点区>(上)山形・最上 自民岸氏の長男出馬”. 河北新報. (2015年4月6日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201504/20150406_51021.html 2015年4月6日閲覧。 
  16. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

公職
先代:
石田祝稔
武見敬三
日本の旗 厚生労働副大臣
西川京子と共同
2007年 - 2008年
次代:
鴨下一郎
渡辺孝男
先代:
滝実
山内俊夫
河野太郎
日本の旗 総務大臣政務官
吉田六左ェ門岩永峯一と共同

2002年 - 2003年
次代:
吉田六左ェ門
平沢勝栄
世耕弘成
先代:
岸英一
Flag of Kaneyama Yamagata.svg 山形県最上郡金山町長
1971年 - 1998年
次代:
松田貢
議会
先代:
山崎力
日本の旗 参議院予算委員長
2014年 - 2016年
次代:
石井準一
先代:
山谷えり子
日本の旗 参議院政府開発援助等に関する特別委員長
2013年 - 2014年
次代:
山本順三
先代:
国井正幸
日本の旗 参議院厚生労働委員長
2004年 - 2005年
次代:
山下英利