阿部寿一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿部 寿一
あべ じゅいち
生年月日 (1959-08-17) 1959年8月17日(59歳)
出生地 日本の旗 山形県酒田市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員建設省
所属政党無所属→)
希望の党
公式サイト あべ寿一|後援会 新寿会

選挙区 山形3区
当選回数 1回
在任期間 2012年12月18日[1] - 2014年11月21日

Flag of Sakata, Yamagata.svg 公選初代-第2代 酒田市長
当選回数 2回
在任期間 2005年11月13日 - 2012年9月14日

Flag of Former Sakata Yamagata.png 公選第14-15代 旧制酒田市長
当選回数 2回
在任期間 1999年5月2日 - 2005年10月31日
テンプレートを表示

阿部 寿一(あべ じゅいち、1959年8月17日 - )は、日本政治家建設官僚衆議院議員(1期)、山形県酒田市長(4期)を歴任した。

来歴[編集]

山形県酒田市生まれ。山形県立酒田東高等学校東京大学法学部を卒業し、建設省に入省。本省勤務の他、鳥取県総理府への出向を経験し[2]1998年11月に大臣官房人事課長補佐で建設省を退官[3]

1999年4月、酒田市長選挙に無所属で出馬・初当選し、続く2003年4月の酒田市長選挙で再選される[3]2005年11月には新設合併した新制酒田市長選挙に出馬し、初代市長に就任[4]2009年11月の酒田市長選挙に出馬し2選(旧酒田市時代と併せて4期)[5]

2012年自由民主党第46回衆議院議員総選挙に向け、山形3区の現職加藤紘一を公認。阿部も、自民党公認での山形3区からの出馬を模索しており、山形県連内でも岸宏一らが阿部を山形3区の候補者に推していたものの、県連内での阿部擁立論が広がらず、自民党からの出馬は不調に終わる。9月に酒田市長を辞職し、山形3区から無所属で出馬する意向を表明した[6]。12月16日の総選挙では、自民党参議院議員である岸宏一のほか、元民主党衆議院議員である和嶋未希らの支援を得て、加藤や社会民主党元職の吉泉秀男ら4候補を破り、当選した[7]。当選後、自民党への入党希望を示唆した[8]

2013年10月、自民党山形県連の酒田市第一支部において自民党への入党手続きを行った。これを受け、自民党所属の酒田市議会議員10名が10月23日に、衆議院会派「自由民主党・無所属の会」への阿部の入会を認めるよう山形県連に要望書を提出[9]。しかし、現職の国会議員が入党する場合は県連ではなく党本部が可否を判断するのが自民党の規定であったため、この規定の存在を知らなかった自民党山形県連が10月25日に阿部に謝罪した上で、阿部に対し既に交付された党員証の返還を求め、阿部の事務所もこれに応じた[10]

2014年6月、自民党3区支部長公募に名乗りを挙げるが、山形県連の提示した「投票に敗れた際は次期総選挙への立候補をせず、支部長を支援する」という条件に反発し、応募を辞退する[11]。12月の第47回衆議院議員総選挙に無所属で出馬するが、加藤紘一の娘で、自民党公認候補の加藤鮎子に敗れ落選[12]

2016年3月19日、保守系・民主党・社民党の地方議員による「阿部寿一氏を支える地方議員の会」が発足し、設立総会に出席。総会では第3次安倍第1次改造内閣経済政策憲法改正論議を批判した[13]

同年11月29日、民進党は、次期衆院選山形3区の公認候補に内定していた2014年衆院選民主党候補者の公認を取り消し、無所属の阿部寿一の推薦を正式決定した[14]

しかし2017年9月28日、民進党が小池百合子東京都知事率いる希望の党への事実上の合流を決定。このため推薦を取り消され[15]第48回衆議院議員総選挙に希望の党公認での出馬となった[16]。公示日の10月10日に行われた決起大会で「9条改正が入党の条件なら、希望の党には行かなかった」と語るも[17]、時すでに遅く、約2万2千票差で加藤鮎子に敗れ落選した[18]

政策・主張[編集]

酒田市長[編集]

2006年9月13日、山形県知事齋藤弘との間で、山形県立日本海病院と市立酒田病院の重複している医療機能の集約と質の高い医療の安定供給のため、統合再編のための協議会を設置することで合意し[19]2007年8月18日の会談で新病院を日本海総合病院とすることで最終合意した[20]。11月16日には「石巻・酒田間地域連携サミット」に出席し、酒田市~宮城県石巻市間を結ぶ地域連携と道路網整備について議論。会合では「住民の命を守るため、病院の統廃合を道路整備に合わせ議論するべき」とし、また、道路特定財源制度の一般財源化に反対の立場を表明した[21]

2007年5月23日、1997年8月のジャスコ撤退以来、更地となっている酒田駅前の土地を「酒田市の玄関口」としての公共性を挙げ購入する方針を示した[22]。7月6日に整備計画の概要を公表し、複合施設・バスターミナルなどを整備するための事業者を公募するとした[23]

2012年4月12日、新庄市石巻市大崎市の間で災害援助協定を締結し、災害時には救援物資の提供や職員派遣を行い被災市を援助するとした[24]。8月20日に山形県の再生可能エネルギー政策に基き、風力発電施設を県と共に酒田市内に設置することを公表した[25]

衆議院議員[編集]

2013年8月24日、山形県市議会議長会懇談会に出席し、道路交通網の整備促進、酒田港の機能強化について協議した[26]。11月26日の特定秘密保護法案採決では賛成票を投じている[27]

2014年6月1日、山形県開発推進懇談会に出席。中山間地域の農業振興・活性化のための支援策の充実、農地の集積・集約化の促進と農業経営体への支援の充実について協議した[28]

人物[編集]

評価[編集]

市長時代には住民・関係団体への入念な説明を怠り、「結論ありきの進め方」と批判を受けていた[29]。また、衆議院議員時代には、NPO法人万年野党の調査で質問・議員立法質問主意書提出を一度も行わなかったことが指摘されている[30]

第23回参議院議員通常選挙では自民党候補の大沼瑞穂を、第24回参議院議員通常選挙では野党統一候補の舟山康江を支援するなど国政選挙の度に支援先を変えていることに対して、「一貫した政治信条は感じられず、代議士になること自体が目的になっているように映る」と批判を受けている[31]

保守分裂[編集]

平田牧場会長・自民党酒田支部最高顧問の新田嘉一とは長年確執があったとされ、その影響を受け市長選挙・国政選挙では数度にわたり保守分裂を招いた[32]。また、第47回衆議院選挙での保守分裂以降は阿部と加藤を支持する勢力の間で確執が広がり、酒田市長選挙などの地方選挙において両派による争いが起きている[33]

2015年9月に実施された酒田市長選挙では副市長丸山至擁立に動くが、丸山の後援会・選対が新田・自民党中心となったため一転して和嶋支持を打ち出すなど、丸山の後援会に参加していた自身の後援会の分裂を招いた[34]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年(2012年)12月18日山形県選挙管理委員会告示第77号(衆議院小選挙区選出議員選挙において当選人となった者の住所及び氏名並びに当該当選人に係る候補者届出政党)
  2. ^ 基本データあべ寿一 Facebookページ
  3. ^ a b “阿部氏が出馬表明 合併後の酒田市長選「総合計画立案したい」”. 荘内日報. (2005年6月22日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=:::152 2015年9月3日閲覧。 
  4. ^ “新酒田市長に阿部氏 新市のかじ取り役に 岡崎氏は知名度不足響く”. 荘内日報. (2005年11月15日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2005:11:15:411 2015年9月3日閲覧。 
  5. ^ “酒田市長に阿部氏が再選”. 荘内日報. (2009年11月9日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2009:11:09:3065 2015年9月5日閲覧。 
  6. ^ “加藤紘一氏の選挙区、酒田市長が6人目出馬表明”. 読売新聞. (2012年9月16日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120915-OYT1T00784.htm 
  7. ^ “衆院選山形3区 阿部寿一氏が初当選”. 荘内日報. (2012年12月17日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2012:12:17:5073 2015年9月5日閲覧。 
  8. ^ “「やむを得ず無所属」 阿部氏が自民入り希望示唆 山形”. 朝日新聞デジタル. (2012年12月18日). http://www.asahi.com/area/yamagata/articles/TKY201212170732.html 
  9. ^ “衆院3区阿部議員、自民に入党”. 読売新聞. (2013年10月23日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamagata/news/20131024-OYT8T01388.htm?from=popin 
  10. ^ “現職の衆院議員、自民入党を取り消された理由”. 読売新聞. (2013年10月26日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131026-OYT1T00253.htm 
  11. ^ “自民公募、現職衆院議員も断念した誓約書の存在”. 毎日新聞. (2014年6月30日). http://www.yomiuri.co.jp/election/.../20140629-OYT1T50142.html 2014年12月16日閲覧。 
  12. ^ “衆院選:加藤鮎子氏に当確 阿部寿一氏ら破る 山形3区”. 毎日新聞. (2014年12月15日). http://mainichi.jp/select/news/20141215k0000m010247000c.html 2014年12月16日閲覧。 
  13. ^ 衆院選山形3区 阿部寿一氏、政界復帰に意欲 7月の衆参同日選挙念頭に”. コミュニティ新聞. 2016年6月18日閲覧。
  14. ^ “民進党、衆院山形3区で元酒田市長の阿部寿一氏推薦を正式決定”. 産経新聞. (2016年11月29日). http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/161129/plt16112923340032-n1.html 2017年11月8日閲覧。 
  15. ^ 公認・推薦取り消し 民進山形県連”. 産経新聞 (2017年10月1日). 2017年10月3日閲覧。
  16. ^ 希望の党・若狭勝氏ら第1次公認/候補者一覧”. 日刊スポーツ (2017年10月3日). 2017年10月4日閲覧。
  17. ^ “<衆院選山形>希望3候補「9条改正反対」立場鮮明「政策協定に違反せず」”. 河北新報. (2017年10月12日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201710/20171012_51001.html 2017年11月8日閲覧。 
  18. ^ <衆院選山形>票上積み自民盤石 共闘崩れて希望しぼむ”. 河北新報 (2017年10月24日). 2017年10月24日閲覧。
  19. ^ “統合再編に合意 県立日本海病院と市立酒田病院 形態・機能分担検討で協議会設置へ”. 荘内日報. (2006年9月15日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2006:09:15:952 2015年9月3日閲覧。 
  20. ^ “酒田の新病院「日本海総合病院」に 法人理事長には栗谷氏内定”. 荘内日報. (2007年8月21日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2007:08:21:1551 2015年9月3日閲覧。 
  21. ^ “道路整備の必要性確認 石巻・酒田間地域連携 沿線市町村などがサミット”. 荘内日報. (2005年11月18日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2006:11:18:1067 2015年9月3日閲覧。 
  22. ^ “酒田駅前ジャスコ跡地 市の取得決定 当面は広場に活用”. 荘内日報. (2007年5月25日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2007:05:25:1398 2015年9月3日閲覧。 
  23. ^ “ジャスコ跡地 複合施設も想定 酒田市が整備計画概要公表 バスターミナルなど配置”. 荘内日報. (2007年7月7日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2007:07:07:1474 2015年9月3日閲覧。 
  24. ^ “酒田、新庄と石巻、大崎の4市が災害時協定締結”. 47news. (2012年4月13日). http://www.47news.jp/localnews/yamagata/2012/04/post_20120413094518.html 2015年9月23日閲覧。 
  25. ^ “山形県と市、酒田市に風力発電施設”. 日刊工業新聞. (2012年8月21日). http://www.nikkan.co.jp/dennavi/news/nkx1420120821qtke.html 2015年9月5日閲覧。 
  26. ^ “道路網、酒田港テーマに国会議員と懇談 県市議会議長会”. 47news. (2013年8月25日). http://www.47news.jp/localnews/yamagata/2013/08/post_20130825141636.html 2015年9月23日閲覧。 
  27. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  28. ^ “県開発推進懇談会、農業改革に懸念の声 知事、議員ら意見交換/山形”. 47news. (2014年6月2日). http://www.47news.jp/localnews/yamagata/2014/06/post_20140602113431.html 2015年9月23日閲覧。 
  29. ^ “迫る酒田市長選 現状と課題を検証(2) 産業育成に立ち遅れた市政 旧来の構造変えられないまま”. コミュニティ新聞. http://komi-shin.com/1356/1356a.html 2015年9月5日閲覧。 
  30. ^ “国会質問も議員立法も質問主意書もない「オールゼロ議員」、64人全氏名を公開!”. (2014年10月15日). http://blogos.com/article/96513/ 2015年9月23日閲覧。 
  31. ^ “参院選県選挙区 与野党全面対決の様相強く 3氏による前哨戦が本格化”. コミュニティ新聞. http://www.komi-shin.com/1395/1395a.html 2016年6月18日閲覧。 
  32. ^ “酒田市長選 和嶋未希、丸山至両氏が立候補表明 一騎討ちの公算大きく”. コミュニティ新聞. http://www.komi-shin.com/1354/1354a.html 2015年9月5日閲覧。 
  33. ^ “酒田市長選、告示まで3週間 丸山氏・保守分裂のしこりも、和嶋氏・知事に支援要請注目”. 山形新聞. (2015年8月8日). http://yamagata-np.jp/news/201508/08/kj_2015080800166.php?keyword=%E9%85%92%E7%94%B0%E5%B8%82%E9%95%B7 2015年9月5日閲覧。 
  34. ^ “酒田市長選 丸山至氏が一騎討ち制す 5000票差で初当選”. コミュニティ新聞. http://komi-shin.com/1359/1359a.html 2015年9月13日閲覧。 

外部リンク[編集]


公職
先代:
新設合併
Flag of Sakata, Yamagata.svg 酒田市長
公選初代 - 第2代:2005年 - 2012年
次代:
本間正巳
先代:
大沼昭
Flag of Former Sakata Yamagata.png 旧制酒田市長
公選第14-15代:1999年 - 2005年
次代:
新設合併