舟山康江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
舟山 康江
ふなやま やすえ
Yasue Funayama 200909.jpg
農林水産大臣政務官就任に際して
公表された肖像写真
生年月日 1966年5月26日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県越谷市
出身校 北海道大学農学部農業経済学科
前職 国家公務員農林水産省
所属政党 民主党→)
みどりの風→)
無所属
称号 農学士
公式サイト 舟山やすえオフィシャルサイト

選挙区 山形県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年7月29日 - 2013年7月28日
テンプレートを表示

舟山 康江(ふなやま やすえ、1966年5月26日 - )は、日本政治家無所属

参議院議員(1期)、農林水産大臣政務官鳩山由紀夫内閣菅内閣)を歴任。

来歴[編集]

2009年11月4日、中央合同庁舎第一号館にてアルゼンチン外務大臣首席補佐官アルバート・ダロット(右)と会談
2009年11月17日、優良担い手表彰・発表事業表彰式にて皇太子徳仁親王(右奥)臨席の下で賞状を授与

埼玉県越谷市生まれ。埼玉県立浦和第一女子高等学校北海道大学農学部農業経済学科卒業。大学卒業後、農林水産省に入省。2000年に結婚し、同省を退官。夫の実家である山形県小国町に転居する[1]

農林水産省時代の上司であった民主党衆議院議員篠原孝の誘いを受け、2004年第20回参議院議員通常選挙に民主党公認で山形県選挙区から出馬。243,672票を獲得したが、自由民主党岸宏一に敗れた。

2007年第21回参議院議員通常選挙に再び山形県選挙区から民主党公認で出馬。371,071票を獲得し、初当選した。2009年鳩山由紀夫内閣農林水産大臣政務官に任命され、菅内閣まで務める。

2012年7月17日、民主党を離党[2]。同日、同様に民主党を離党した谷岡郁子行田邦子及び国民新党を離党した亀井亜紀子、舟山の4人で「原発ゼロ社会」「反TPP」「本当の意味での一体改革」「国会改革」を掲げる新会派みどりの風」を結成した[3]2012年11月15日、民主党を離党した衆議院議員・山崎誠の入会により、みどりの風は政治資金規正法上の政党になったため、みどりの風共同代表に就任した(谷岡、行田、舟山、亀井の4人による共同代表制)。

2013年1月、共同代表制の廃止によりみどりの風政調会長に就任。同年7月、第23回参議院議員通常選挙に再選を目指して山形県選挙区から出馬[4]。252,040票を獲得したが、自民党新人の大沼瑞穂に2万票余りの差で敗れた[5]

みどりの風解党後、住まいの山形県小国町でJA婦人部として地域農業の現場から活動を再開。一般社団法人置賜自給圏機構の設立にかかわり、現在、機構の常務理事を務め、新しい自給の地域創りを地域と共に進めている。

2015年12月12日、第24回参議院選挙山形県選挙区に民主党など幅広い県民が結集する形で「TPPや安保法制の安部政権の矛盾を追求し『山形県民 本当の声を届ける』ことを決意し」、無所属による立候補を表明した。

人物[編集]

2009年10月27日、コスモス国際賞授賞式に出席
2010年5月14日、岡山県赤磐市にて意見交換会に出席
  • 趣味は合気道登山。合気道は2段の有段者である。
  • 家族は義母、夫、一男二女。小国町で子育てと仕事を両立中。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
野村哲郎江藤拓
日本の旗 農林水産大臣政務官
佐々木隆博と共同
2009年 - 2010年
次代:
松木謙公田名部匡代
党職
先代:
創設
みどりの風政調会長
2013年
次代:
解党
先代:
創設
みどりの風共同代表
谷岡郁子行田邦子亀井亜紀子と共同
2012年 - 2013年
次代:
廃止