星川保松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

星川 保松(ほしかわ やすまつ、1930年(昭和5年)8月20日 - )は、日本政治家尾花沢市議会議員、山形県議会議員、尾花沢市長を歴任。その後参議院議員を1期務め、民主改革連合常任幹事(代表)として細川内閣の連立に参加した。その後、社会党に移籍。落選後は、民主党山形県連代表代行、同顧問などを歴任。勲三等旭日中綬章

経歴[編集]

著作[編集]

  • 『雪の中にも花咲く里を‐市長随想・同続』(「雪の中にも花咲く里を」刊行委員会、1981年)ISBN B000J7QLKW
  • 『地方からの「国づくり」‐中央主導からの転換を』(星川保松、1994年)