西村智奈美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西村 智奈美
にしむら ちなみ
Chinami Nishimura at Tenjin.jpg
2022年、福岡県の天神パルコ前にて
生年月日 (1967-01-13) 1967年1月13日(55歳)
出生地 日本の旗 日本 新潟県吉田町米納津(現:燕市
出身校 新潟大学法学部
新潟大学大学院法学研究科修士課程
前職 大学非常勤講師
NVC新潟国際ボランティアセンター事務局長
新潟県議会議員
所属政党民主党→)
民進党→)
旧立憲民主党→)
立憲民主党菅直人G
称号 法学士
修士(法学)(新潟大学)
配偶者 本多平直
公式サイト 西村ちなみチャレンジサイト

選挙区新潟1区→)
比例北陸信越ブロック→)
新潟1区
当選回数 6回
在任期間 2003年 - 2012年11月16日
2014年12月19日[1] - 現職

選挙区 新潟市選挙区
当選回数 1回
在任期間 1999年4月30日 - 2003年4月29日

その他の職歴
Constitutional Democratic Party of Japan (2020).svg 第2代(新) 立憲民主党幹事長
2021年12月2日 - 現職)
テンプレートを表示

西村 智奈美(にしむら ちなみ、1967年1月13日 - )は、日本の政治家国際関係学者立憲民主党所属の衆議院議員(6期)、立憲民主党新潟県連代表[2]、立憲民主党幹事長(第2代)、立憲民主党ジェンダー平等推進本部顧問[3]。夫は元立憲民主党衆議院議員の本多平直[4][5]戸籍上の姓は本多

厚生労働副大臣野田第1次改造内閣野田第2次改造内閣野田第3次改造内閣)、外務大臣政務官鳩山由紀夫内閣菅直人内閣)、新潟県議会議員(1期)等を務めた。

来歴[編集]

新潟県吉田町米納津(現:燕市)生まれ[4]。吉田町立米納津小学校、吉田町立吉田中学校、新潟県立三条高等学校卒業。新潟大学法学部に入学。高校、大学時代は弓道に打ち込んだ[6]。大学在学中、1年間休学してタイ王国バンコク市ユニオン語学学校に留学[4]多賀秀敏ゼミで政治学を志し、国際関係論を専攻した[7][4]

1990年3月、新潟大学卒業。同年4月、同大学大学院法学研究科修士課程に進学し、同年9月から英国ブリストル大学法学部に留学[4]1993年3月、新潟大学大学院を修了し、修士号を取得[4]。その後は専修学校(1993年4月~1996年3月)、新潟産業大学(1996年4月~1999年3月、1998年4月~1999年3月)や敬和学園大学(1997年4月~2003年10月)、新潟青陵女子短期大学(1998年4月~1999年10月)で非常勤講師を務める。その傍ら、自ら大学卒業時に創設したNVC新潟国際ボランティアセンター事務局長(~1998年9月)を務めていた[4]

政界入り・新潟県議会議員時代[編集]

1998年11月、民主党に入党[4]1999年、第14回統一自治体選挙新潟県議会議員選挙新潟市選挙区に立候補で初当選し、一期4年を務める[4]

衆議院議員時代[編集]

2003年第43回衆議院議員総選挙新潟1区から民主党公認で出馬し、自由民主党前職の吉田六左エ門を破り初当選した[4]

2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では、郵政解散により自民党に追い風が吹いていたが、新潟1区で自民党の吉田を破り、再選(吉田も比例復活[8]。同年9月12日、民主党代表の岡田克也が、総選挙大敗の責任をとり辞任を表明[9]。岡田の辞任に伴う代表選挙(9月17日実施)では菅直人の推薦人に名を連ねた[10]

2006年3月31日、民主党代表の前原誠司が、堀江メール問題の責任をとり辞任を表明[11]。前原の辞任に伴う代表選挙(4月7日実施)では菅直人の推薦人に名を連ねた[12]

2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では、恩師である多賀秀敏教授の支援も受け[7]、新潟1区で吉田を破り3選[13]。選挙後に発足した鳩山由紀夫内閣外務大臣政務官に任命され、菅直人内閣まで務めた[4]

2011年野田第1次改造内閣厚生労働副大臣に任命され、2012年野田第3次改造内閣まで務めた[4][14]。民主党が下野した2012年第46回衆議院議員総選挙では、新潟1区で自民党新人の石崎徹に敗れ、重複立候補していた比例北陸信越ブロックでの復活もできず、落選した[15]。 

2014年12月14日の第47回衆議院議員総選挙に新潟1区から民主党公認で出馬し、自民党の石崎に再び敗れるも、重複立候補していた比例北陸信越ブロックで復活し、2年ぶりに国政に復帰した[16]。この選挙で民主党代表の海江田万里が落選。海江田の辞任に伴い2015年1月18日に行われた代表選挙では、自身が外務大臣政務官を務めた鳩山・菅内閣の外務大臣だった、元代表岡田克也の推薦人に名を連ねた[17]

2016年3月27日、民主党に維新の党などが合流し、民進党が結成[18]。西村も同党に参加。

2017年7月27日、民進党代表の蓮舫が、同月の東京都議会議員選挙の結果を受けて辞任を表明[19]。蓮舫の辞任に伴う代表選挙(9月1日実施)では枝野幸男の推薦人に名を連ねた[20][21]

同年の第48回衆議院議員総選挙に際し、前原誠司代表が9月27日、民進党を事実上解党し、希望の党からの立候補を容認する方針を表明[22]。西村は希望の党に合流せず、新潟1区から無所属で立候補する意向を示していたが[23][24]10月6日立憲民主党からの出馬を表明[25]。西村の出馬を受けて日本共産党は新潟1区に擁立していた候補者を取り下げて西村を支援し[26]、新潟1区で自民党前職の石崎を破り、5期目の当選を果たした[27][28]

2019年10月には、立憲民主党の自治制度調査会会長に就任した[29]

2020年8月24日、旧立憲民主党と旧国民民主党は、2つの無所属グループを加えた形で合流新党を結成することで合意した[30]。同年9月10日に行われた新「立憲民主党」の代表選挙では枝野幸男の推薦人に名を連ねた[31]。10月24日、立憲民主党新潟県連の設立大会が開催され、西村が代表に就任した[2]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙立憲民主党公認で立候補。自民党公認の塚田一郎、日本維新の会公認の石崎徹を破り、再び小選挙区で当選し6選(塚田は比例復活で当選)[32][33]

2021年立憲民主党代表選挙[編集]

2021年11月2日、枝野幸男が立憲民主党の議席減少の責任をとり、党代表を辞任する意向を表明[34]。その直後から西村に党代表選挙出馬を促す電話が鳴り始めたという[35]。同日、小川淳也が出馬の意欲を示す[36]。11月4日、各紙は、立候補が取り沙汰される5人の顔触れを写真付きで掲載したが、「(野党第一党党首、すなわち政権交代を成し遂げた際に総理大臣を務めてもらう人物を決める選挙に)女性候補が1人もいないのはおかしい」と西村に出馬を求める声が立憲民主党支持者から相次いだ[35](なお、与党第一党党首である事実上の内閣総理大臣を選ぶ同年9月に行われた自由民主党総裁選挙では高市早苗野田聖子の女性2人が立候補し、小池百合子が立候補した2008年総裁選以来、女性が立候補者に出た自民党総裁選としては2回目であり、複数の女性候補が出馬するのは初であった)。

しかし、党内最大グループのサンクチュアリからも西村を推す声が出ていたが、同グループ前会長赤松広隆・前衆院副議長らが経験不足などを理由に難色を示した[37]。10日前後から、西村も菅グループ内の仲間を中心に国会議員の推薦人20人を確保すべく動き出し、15日には複数の同僚議員を訪れて立候補への決意を伝えていたが推薦人の確保は難航した[35]。同じ立憲民主党内リベラル系として支援に期待をかけていた党内最大グループ「サンクチュアリ」は赤松らの意向を受けて、11月16日の夜、国会内で会合を開き、逢坂誠二を擁立する方針を正式に決めた[37]。「サンクチュアリ」が独自候補を擁立したことは西村に痛手となった[35]

11月17日、「女性待望論」を背に西村は記者会見し、「推薦人を集め、必ず立候補したい」と推薦人20人は確保出来ていないが、枝野代表辞任に伴う第2代代表選挙に立候補する意向を固めたと述べた[35][38]。翌18日、推薦人20人にめどが立ったとして、選対本部顧問に菅直人元首相、本部長に社民党出身の阿部知子衆院議員を充てるなど国のかたち研究会(菅グループ)中心とした推薦人・陣営で正式に出馬表明した[36][39][40]。西村が立候補したことで1996年以降の旧民主党系の代表選挙で女性が立候補者になったのは、蓮舫が立候補し当選した2016年民進党代表選挙以来で2回目となった。

同年11月30日、代表選挙が実施。1回目の投票では決まらず、決選投票により泉健太が代表に選出された。12月1日、泉は党骨格人事を発表。西村を幹事長に起用した[41]。12月2日に開かれた両院議員総会で幹事長に正式就任[42]。女性幹事長は自民党では例がなく、旧民主党が源流の政党でも初めてのことであった[43]

政策・主張[編集]

内閣広報室より公表された肖像(2009年 撮影)

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2012年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[44]。2014年の朝日新聞社のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[45]。2017年の朝日新聞社のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[46]。2021年の朝日新聞社のアンケートでは「どちらかといえば賛成」と回答し[47]、同年のNHKのアンケートでは「賛成」と回答[48]
  • 9条改憲について、2014年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[49]。2017年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[50]。憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「反対」と回答[48][51]
  • 2014年7月1日、政府は従来の憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認することを閣議で決定[52]。この閣議決定を評価するかとの問いに対し、同年の朝日新聞社のアンケートで「まったく評価しない」と回答[45]。集団的自衛権の行使に賛成かとの問いに対し、同年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[49]
  • 参議院議員通常選挙で隣接する県を一つの選挙区にする「合区」をなくすための憲法改正について、2017年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[50]

外交・安全保障[編集]

  • 「政府が尖閣諸島を国有化したことを評価するか」との問いに対し、2012年の毎日新聞社のアンケートで「評価する」と回答[44]
  • 従軍慰安婦に対する旧日本軍の関与を認めた「河野談話」の見直し議論について、2014年の毎日新聞社のアンケートで「見直すべきではない」と回答[49]
  • 日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としており、非核三原則の「持ち込ませず」の部分についても「議論する必要はない」としている[50]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[46][47]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[48]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「どちらとも言えない」と回答[47]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[48]

エネルギー政策[編集]

  • 原子力発電所は日本に必要だと思うか」との問いに対し、2014年の毎日新聞社のアンケートで「必要ない」と回答[49]
  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「ゼロにすべき」と回答[48]
  • 2021年11月24日、BS日本深層NEWS』に立憲民主党代表選挙の候補者4人が出演。「脱炭素社会を実現するエネルギー源として、原発を再稼働するべきか否か」との質問に対し、西村は「東京電力の不祥事が頻発している。とても再稼働の議論などできる状況にない。原発に頼らないカーボンニュートラルの実現を目指すべきだし、実現ができる」と答えた[53]

その他[編集]

  • アベノミクスについて、2017年のアンケートで「どちらかといえば評価しない」と回答[46]
  • 受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする健康増進法改正に賛成。条文内の「望まない受動喫煙」という表現について、職場内での会食の際に喫煙店が選択される、いわゆる「イヤイヤ受動喫煙」を例に挙げ、「望まないとつけた瞬間に、いろんな言いわけを許すことになる」「絶対に削除すべき」と主張した[54]

人物[編集]

  • 立憲民主党に所属する東海地方4県(静岡県岐阜県愛知県三重県)の女性地方議員ら31人が、元女性秘書へのセクハラ行為を週刊誌に報じられた青山雅幸衆議院議員(比例東海ブロック選出)の辞職を党に求める署名を提出した際、党ジェンダー平等推進本部長の立場で署名を受け取った西村は「被害者と和解が成立しているので党として対応は難しい」と返答し、無期限の党員資格停止処分が下されている青山へのさらなる処分を事実上拒否した[55][3]。 
  • 身長170cm、血液型A型[4]
  • 2016年11月、第一子の男児を出産。夫(本多平直)の協力のもと10年近くの不妊治療をへての49歳での高齢初産であった[56]
  • 14歳の子と同意した性交で逮捕されるのはおかしいと発言した夫への立憲民主党による公認拒否処分に津村啓介衆院議員と共に、既に執行部が厳重注意処分済みの事案であること、会合の機密情報である発言者特定された漏洩経緯が不透明であること、事態の沈静化に逆行すること-を理由に挙げて、「『発言』は法律論の一環に過ぎず問題視すべきでない」「既に社会的に不当に強い制裁を受けていると感じている」「党内からの情報漏えいに憤っている」「追加処分することでマスコミに無用な報道機会を追加で与え、事態の沈静化を大きく遅らせることになりかねません」と警鐘と不当処分として反対する嘆願書を立憲民主党幹部らに配布した[5]
  • 海外渡航歴は36か国、約910日に及ぶ[4]
  • 愛読書は『デルスウ・ウザーラ』、『ブラック・ジャック[4]
  • 2022年1月23日、立憲民主党により、新型コロナウイルスに感染したことを発表[57]

不祥事[編集]

女子中学生を車ではねる事故[編集]

2016年4月25日の午前7時過ぎ、新潟市西区松美台の市道交差点で、西村が運転する乗用車が横断歩道を横断中の中学3年の女子生徒をはね、生徒は顔やひじに軽いけがを負った。交差点で前の車に続いて右折しようとした際、前方をよく見ておらず、横断歩道を左側から歩いてきた女子生徒に気づかずにはねたと見られ、西村は「事故を起こし、深くおわび申し上げる」とのコメントを出した[58]

元会計担当職員による政治資金の着服[編集]

2017年3月18日記者会見を開き、当時会計事務を担当していた民主党新潟県第1区総支部の元職員により、約3360万円の政治資金を着服されていたことを明らかにした。元職員は総支部の他、西村が代表を務めていた資金管理団体「西村ちなみと100人委員会」、後援会「智水会」から、政党助成金を含む政治資金を着服し、2013年に退職した際、後任者への引き継ぎで着服の事実を打ち明け、「知人が投資に使った」と説明。2019年2月8日新潟地方検察庁は元職員を業務上横領罪で在宅起訴した[59][60]

後援会関係者による公職選挙法違反[編集]

2017年第48回衆議院議員総選挙に際し、西村への投票を呼び掛ける文書を約2万人の有権者に対して公示前に送付した公職選挙法違反(事前運動、法定外文書頒布)の疑いで、西村の後援会関係者2名が書類送検され、うち1人が略式起訴され罰金30万円の略式命令を受けた[61][62]

選挙歴[編集]

当落 選挙 執行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 定数 得票順位
/候補者数
政党内比例順位
/政党当選者数
新潟県議会議員選挙 1999年4月11日 32 新潟市選挙区 民主党 1万9310票 9.80% 11 2/14 /
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月9日 36 新潟1区 民主党 11万9297票 51.08% 1 1/3 /
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 38 新潟1区 民主党 13万6391票 49.67% 1 1/3 /
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 42 新潟1区 民主党 16万9389票 60.15% 1 1/4 /
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 45 新潟1区 民主党 7万8283票 35.56% 1 2/4 /
比当 第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 47 新潟1区 民主党 8万4573票 42.87% 1 2/3 3/3
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 50 新潟1区 旧立憲民主党 12万8045票 53.11% 1 1/2 /
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 54 新潟1区 立憲民主党 12万7365票 52.57% 1 1/3 /

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成26年12月19日中央選挙管理会告示第30号(平成二十六年十二月十四日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ a b 新「立憲民主」新潟県版 2020年10月12日号 (PDF)”. 立憲民主党新潟県総支部連合会 (2020年10月12日). 2021年3月17日閲覧。
  3. ^ a b “立憲民主党 セクハラ議員への辞職勧告を求められ…「和解が成立しているので対応難しい」”. 産経新聞. (2018年4月11日). https://www.sankei.com/article/20180411-T6CCCUXJRBI2FARY7EHFKE3LCA/ 2018年5月19日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o プロフィール - 西村ちなみチャレンジサイト
  5. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2021年7月13日). “立民・本多平直議員の党員資格停止見通しに妻・西村智奈美議員が嘆願書” (日本語). SankeiBiz. 2021年11月19日閲覧。
  6. ^ “【詳しくわかる】立憲民主党代表選挙2021”. NHK. (2021年11月19日). https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/71981.html 2021年11月24日閲覧。 
  7. ^ a b “〈09総選挙〉最前線・新潟1区 - 2009総選挙”. 朝日新聞. (2009年8月21日). http://www.asahi.com/senkyo2009/localnews/TKY200908240269.html 2018年5月17日閲覧。 
  8. ^ “小選挙区 新潟:開票結果:総選挙2005”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election2005/kaihyou/ya15.htm 2018年5月17日閲覧。 
  9. ^ 岡田代表 辞任を表明 12日未明の会見で”. 民主党 (2005年9月12日). 2021年12月1日閲覧。
  10. ^ 2005年9月17日 民主党代表選挙 推薦人一覧”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  11. ^ “前原代表ら民主執行部「偽メール問題」で総退陣”. J-CASTニュース. (2006年3月31日). https://www.j-cast.com/2006/03/31000846.html 2021年11月30日閲覧。 
  12. ^ 2006年4月7日 民主党代表選 推薦人名簿”. 江田五月 - 新たな出発 (2006年4月7日). 2010年9月6日閲覧。
  13. ^ “新潟 小選挙区:総選挙2009”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/kaihyou/ya15.htm#k001 2018年5月17日閲覧。 
  14. ^ 厚生労働副大臣 西村 智奈美│野田第三次改造内閣 副大臣名簿
  15. ^ “2012衆院選 新潟1区”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_ichiran.html?aid=A15001 2018年5月17日閲覧。 
  16. ^ “2014衆院選 新潟”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/47shu/ichiran.html?aid=A15001&st=tk#001 2018年5月17日閲覧。 
  17. ^ 岡田克也 推薦人名簿 (PDF)”. 民主党 (2015年1月7日). 2021年11月29日閲覧。
  18. ^ “民進党、27日結党大会 「民主党」20年で幕”. 日本経済新聞. (2016年3月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H1B_W6A320C1PE8000/ 2021年11月26日閲覧。 
  19. ^ “民進 蓮舫代表 記者会見で辞任を表明”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年7月27日). オリジナルの2017年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/hJ7sa 2017年7月28日閲覧。 
  20. ^ 枝野幸男 推薦人名簿 (PDF)”. 民進党 (2017年8月21日). 2021年11月26日閲覧。
  21. ^ “前原・枝野両氏の会見要旨と推薦人 民進代表選”. 朝日新聞. (2017年8月21日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASK8P41N1K8PUTFK00P.html 2017年12月25日閲覧。 
  22. ^ “衆院選:民進党、事実上解党 「希望の党」に合流へ”. 毎日新聞. (2017年9月28日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00m/010/120000c 2017年11月18日閲覧。 
  23. ^ “【衆院選】新潟の民進前職3人、無所属で出馬へ 野党統一候補目指す、共産などの支援期待”. 産経新聞. (2017年10月3日). https://www.sankei.com/article/20171003-QNQ6BI2PUZJ4HGMMPAR6JJ33JE/ 2018年5月17日閲覧。 
  24. ^ “衆院選2017:1区 西村氏、無所属で出馬 希望の党方針に反発/新潟”. 毎日新聞. (2017年10月4日). https://mainichi.jp/articles/20171004/ddl/k15/010/294000c 2018年5月17日閲覧。 
  25. ^ “衆院選2017:西村氏、立憲から出馬へ 1区・枝野氏と行動を共に/新潟”. 毎日新聞. (2017年10月7日). https://mainichi.jp/articles/20171007/ddl/k15/010/012000c 2018年5月17日閲覧。 
  26. ^ “【衆院選】共産、新潟4選挙区で候補一本化 候補取り下げ、野党と共闘”. 産経新聞. (2017年10月6日). https://www.sankei.com/article/20171006-QFTX2TMIGFIJTNDAGNSIZKRL7I/ 2018年5月17日閲覧。 
  27. ^ “【衆院選】新潟1区、西村智奈美氏、立憲民主の風に乗り当確”. 産経新聞. (2017年10月23日). https://www.sankei.com/article/20171023-ZZ5KFH7X5ZOEXHK4GOTHVZUXCI/ 2018年5月17日閲覧。 
  28. ^ “立憲民主・西村智奈美氏が5選…新潟1区”. 読売新聞. (2017年10月22日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news/20171022-OYT1T50216.html 2018年5月17日閲覧。 
  29. ^ 第1回自治制度調査会を開催 立憲民主党
  30. ^ 山下龍一、小林豪 (2020年8月24日). “立国の新党、無所属2グループも合流へ 150人前後に”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASN8S6TNFN8SUTFK00J.html 2021年11月9日閲覧。 
  31. ^ “【合流新党】立民・枝野代表推薦人名簿”. 産経新聞. (2020年9月7日). https://www.sankei.com/article/20200907-FZVL7WX7CBPEZAF3QMXBUHBOEI/ 2021年11月26日閲覧。 
  32. ^ 衆議院選挙2021 新潟(長岡・三条など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  33. ^ 【2021年 衆院選】北陸信越ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  34. ^ 立民 枝野代表 辞任の意向表明 衆院選 議席減で引責”. NHK (2021年11月2日). 2021年11月2日閲覧。
  35. ^ a b c d e “「賭け」の会見、輪広がる立民代表選・西村氏推薦人確保”. 新潟日報. (2021年11月18日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20211118653828.html 2021年11月19日閲覧。 
  36. ^ a b 湯川うらら (2021年11月2日). “「決意、腹は固まっている」 立憲・小川淳也氏が代表選に意欲”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASPC25DB8PC2PTLC020.html 2021年11月16日閲覧。 
  37. ^ a b 中道路線の泉健太氏・リベラル系の逢坂誠二氏を軸に展開か…立民代表選で2氏出馬表明 : 政治 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年11月16日). 2021年11月18日閲覧。
  38. ^ “立憲・西村智奈美元厚労副大臣が会見 代表選出馬へ決意表明(2021年11月17日)”. THE PAGE. (2021年11月17日). https://www.youtube.com/watch?v=l9pO7S5tOlo 2021年11月17日閲覧。 
  39. ^ “立民西村氏が代表選出馬へ 推薦人確保にめど、19日告示”. 共同通信. (2021年11月18日). https://nordot.app/833881417796648960 2021年11月18日閲覧。 
  40. ^ 小川氏も出馬、4氏の争いに 参院選へ野党共闘焦点 立民代表選19日告示(時事通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年11月18日閲覧。
  41. ^ “立民 幹事長西村氏 代表代行逢坂氏 政調会長小川氏 起用へ”. NHK. (2021年12月1日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211201/k10013369721000.html 2021年12月2日閲覧。 
  42. ^ “立民新執行部が発足 泉代表「国民のため働く」”. 時事通信. (2021年12月2日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021120200708&g=pol 2021年12月4日閲覧。 
  43. ^ 鬼原民幸、横山翼 (2021年12月2日). “立憲幹事長に女性起用 国政政党で唯一、政治文化変える期待も”. 朝日新聞. https://digital.asahi.com/articles/ASPD16QKGPD1UTFK00Z.html 2021年12月2日閲覧。 
  44. ^ a b c 新潟1区 西村智奈美”. 2012衆院選. 毎日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  45. ^ a b c 政策課題 政党・候補者のスタンスは”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2014衆院選. 朝日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  46. ^ a b c d e f 西村智奈美”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  47. ^ a b c 西村智奈美”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  48. ^ a b c d e 新潟1区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  49. ^ a b c d 新潟1区 西村智奈美”. 2014衆院選. 毎日新聞社. 2022年5月19日閲覧。
  50. ^ a b c d e f “第48回衆院選 立憲 新潟1区 西村智奈美”. 毎日新聞社. オリジナルの2018年7月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180705003723/https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A15001001001 2022年5月19日閲覧。 
  51. ^ “2021衆院選候補者アンケート”. 日本テレビ. (2021年11月11日). https://www.ntv.co.jp/election2021/research/candidate/?id=260247 
  52. ^ “憲法解釈変更を閣議決定 集団的自衛権の行使容認”. 日本経済新聞. (2014年7月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0103O_R00C14A7MM8000/ 2022年5月19日閲覧。 
  53. ^ 北見英城 (2021年11月25日). “小川氏、泉氏は限定的な原発再稼働を容認 他候補は否定 立憲代表選”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASPCT3H40PCSUTFK01M.html 2021年11月25日閲覧。 
  54. ^ 第196回国会 厚生労働委員会 第28号(平成30年6月13日(水曜日))”. 衆議院 (2018年6月13日). 2020年11月18日閲覧。
  55. ^ “青山議員の辞職を 女性議員ら声明”. 中日新聞. (2018年4月12日). http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/tokai-news/CK2018041202000112.html 2018年5月19日閲覧。 
  56. ^ “新潟)49歳で母になって…西村智奈美・衆院議員に聞く”. 朝日新聞. (2017年4月29日). https://www.asahi.com/articles/ASK4M6DVKK4MUOHB026.html?iref=pc_photo_gallery_bottom 2021年11月19日閲覧。 
  57. ^ 立憲民主党の西村智奈美幹事長がコロナ陽性 抗原検査で判明 党本部が発表”. 日刊スポーツ (2022年1月23日). 2022年1月23日閲覧。
  58. ^ “民進党の西村智奈美議員が女子中学生はねる 新潟市内の交差点 「深くおわび申し上げる」”. 産経新聞. (2016年4月25日). https://www.sankei.com/article/20160425-FG6HBBFPTZKV7FL3Y3HRN2ZQCM/ 2018年5月19日閲覧。 
  59. ^ “民進・西村智奈美衆院議員の元会計担当職員が3360万円を着服 一部は政党交付金 刑事告訴を検討”. 産経新聞. (2017年3月18日). http://www.sankei.com/smp/affairs/news/170318/afr1703180037-s1.html 2018年5月19日閲覧。 
  60. ^ “立民・西村衆院議員名義の口座から現金38万1000円を横領 元職員を在宅起訴 新潟地検”. 産経新聞. (2019年2月18日). https://www.sankei.com/smp/affairs/news/190218/afr1902180014-s1.html 2019年9月17日閲覧。 
  61. ^ “公選法違反 容疑で西村衆院議員の支援者書類送検/新潟”. 毎日新聞. (2017年12月10日). https://mainichi.jp/articles/20171210/ddl/k15/040/111000c 2017年12月15日閲覧。 
  62. ^ “公選法違反 西村議員支援者、罰金30万円命令/新潟”. 毎日新聞. (2018年1月23日). https://mainichi.jp/articles/20180123/ddl/k15/040/159000c 2018年1月27日閲覧。 
[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部サイト[編集]

公職
先代:
辻泰弘
牧義夫
日本の旗 厚生労働副大臣
辻泰弘と共同
桜井充と共同

2011年 - 2012年
次代:
桝屋敬悟
秋葉賢也
先代:
西村康稔
御法川信英
柴山昌彦
日本の旗 外務大臣政務官
吉良州司と共同
吉良州司
徳永久志と共同

2009年 - 2010年
次代:
徳永久志
山花郁夫
菊田真紀子
議会
先代:
菊田真紀子
日本の旗 衆議院沖縄及び北方問題
に関する特別委員長

2020年 -2021年
次代:
奥野総一郎
党職
先代:
福山哲郎
立憲民主党幹事長
第2代:2021年 -
次代:
現職