TPP交渉における国益を守り抜く会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TPP交渉における国益を守り抜く会は、自由民主党国会議員によって構成されている組織。2013年3月までは会の主旨が異なりTPP参加の即時撤回を求める会(TPPさんかのそくじてっかいをもとめるかい)という名前で、「TPP参加表明」の即時撤回を目的としていた[1]。会長は江藤拓

2013年1月23日には党本部で会合が開かれ、会長によると会員は203人となり所属議員の過半数に達したという。同日は約50人が出席した[2]。その後さらに会員数は増え、2月7日までの段階で233人となった[3][4]

会員[編集]

(2013年2月時点)[5]

衆議院議員[編集]

松本純 鈴木淳司 小渕優子 白須賀貴樹
額賀福志郎 土井亨 竹下亘 今津寛
宮下一郎 佐藤勉 後藤田正純 大野敬太郎
梶山弘志 薗浦健太郎 高鳥修一 根本幸典
井上貴博 丹羽雄哉 金子一義 務台俊介
伊藤信太郎 長島忠美 斎藤洋明 岩田和親
丹羽秀樹 藤丸敏 山本幸三 鈴木憲和
古賀篤 青山周平 野中厚 鳩山邦夫
勝俣孝明 今枝宗一郎 野田毅 井野俊郎
菅家一郎 上川陽子 野田聖子 勝沼栄明
左藤章 石田真敏 奥野信亮 阿部俊子
田野瀬太道 小松裕 森山裕 浜田靖一
木内均 比嘉奈津美 西銘恒三郎 金田勝年
渡辺孝一 八木哲也 武部新 武藤貴也
助田重義 武井俊輔 武村展英 西村明宏
冨樫博之 江渡聡徳 高木宏壽 赤沢亮正
林幹雄 中村裕之 谷川弥一 大岡敏孝
堀内詔子 加藤勝信 上野賢一郎 堀井学
池田道孝 伊東良孝 前田一男 加藤寛治
北村茂男 金子恭之 福井照 遠藤利明
山口俊一 稲田朋美 後藤茂之 瀬戸隆一
木原稔 山本拓 冨岡勉 西川公也
永岡桂子 古屋圭司 吉川貴盛 鬼木誠
佐田玄一郎 宮崎政久 田所嘉徳 保岡興治
津島淳 簗和生 池田佳隆 中根一幸
小里泰弘 細田博之 江藤拓 馳浩
岩屋毅 三ッ林裕巳 今村雅弘 齋藤健
船田元 塩谷立 秋葉賢也 古川禎久
武藤容治 御法川信英 城内実 宮川典子
田村憲久 吉野正芳 中谷元 高市早苗
坂本哲志 福山守 山本公一 井林辰憲
北村誠吾 長坂康正 小野寺五典 高木毅
中川郁子 田中和徳 原田義昭 渡辺博道
木村太郎 石崎徹 谷公一 宮沢博行
宮腰光寛 平井卓也 高橋比奈子 藤原崇
葉梨康弘 石川昭政 山口泰明 今野智博
土屋品子 笹川博義 新谷正義 義家弘介
牧島かれん 金子恵美 田畑裕明 佐々木紀
望月義夫 伊藤忠彦 田中英之 安藤裕
平口洋 河井克行 寺田稔 小島敏文
山下貴司 三原朝彦 穴見陽一 國場幸之助

参議院議員[編集]

岸宏一 岩城光英 渡辺猛之 石井みどり
島尻安伊子 小泉昭男 岡田広 熊谷大
山崎力 石井準一 宇都隆史 大家敏志
岩井茂樹 赤石清美 吉田博美 伊達忠一
長谷川岳 若林健太 中西祐介 磯崎仁彦
佐藤正久 石井浩郎 高階恵美子 中原八一
藤川政人 佐藤信秋 橋本聖子 岡田直樹
山田俊男 牧野京夫 青木一彦 溝手顕正
宮澤洋一 三原じゅん子 松下新平 末松信介
上野通子 福岡資麿 森まさこ 礒崎陽輔
野上浩太郎 水落敏栄 有村治子 山本順三
松村祥史 関口昌一 西田昌司 塚田一郎
野村哲郎 松山政司 山崎正昭 金子原二郎
衛藤晟一 尾辻秀久

元会員[編集]

田野瀬良太郎武部勤茂木敏充浜田和幸松村龍二加治屋義人保利耕輔宮路和明小林茂樹船橋利実川田隆菅野佐智子清水誠一田畑毅吉川赳林田彪上杉光弘大久保三代新開裕司徳田毅町村信孝も参加していたが[6]、茂木は後に入会を否定[7]、浜田は党を除名された。田野瀬・武部は2012年に引退したが、それぞれ地盤を継いで議員となった息子(田野瀬太道・武部新)が会に入っている。2013年に松村・加治屋が引退。2014年に保利・宮路・大久保が引退、小林・船橋・川田・菅野・清水・田畑・吉川・林田・上杉・新開が落選、徳田が議員辞職した。2015年に町村が死去した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]