木暮武太夫 (1893年生の政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1932年

木暮 武太夫(こぐれ ぶだゆう[1]、旧名・正一[2]1893年明治26年)2月17日 - 1967年昭和42年)7月10日)は、日本政治家実業家、群馬県多額納税[2][3][4]衆議院議員参議院議員[1]運輸大臣。旅館業、木暮旅館主[2]。群馬県観光協会、日本温泉協会各会長[1]。関東いすゞ自動車販売社長[5]

人物[編集]

群馬県北群馬郡伊香保町(現渋川市)出身。先代 木暮武太夫の長男[2]。木暮家の祖先は武田家遺臣であり、天正年間伊香保に土着し[6]、群馬きっての旧家として知られ、「県下唯一の金持ち」と称せられていた[7]。先代武太夫は慶應義塾福沢諭吉の薫陶を受け[8]1890年、衆議院議員に選ばれた[8]

1917年慶應義塾大学部理財科を優等にて卒業[2][7]三井銀行に勤めた[5]旅館業を営んだ[2]1924年、衆議院議員に当選以来、当選8回[5]。1926年、家督を相続し正一を改め襲名した[2]第1次近衛内閣幣原内閣商工政務次官を務めた[5]

1956年群馬地方区参議院議員となり、当選2回[5]第2次池田内閣では運輸大臣を務めた。また伊香保自動車取締役、関東いすゞ自動車販売、群馬バス各社長、群馬大同銀行、群馬信用保証協会、国際観光旅館連盟、日本温泉協会各会長などを務めた[1][5]

趣味は読書、旅行[2][4]。宗教は仏教[2][4]。族籍は群馬県平民[9]。住所は群馬県北群馬郡伊香保町[2]

略歴[編集]

1953年

所属政党[編集]

エピソード[編集]

家族・親族[編集]

木暮家
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『議会制度七十年史 第1』257頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年5月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『人事興信録 第14版 上』コ79頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月29日閲覧。
  3. ^ 『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』群馬県23頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月17日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 『人事興信録 第11版 上』コ120頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年9月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 木暮 武太夫とはコトバンク。2016年10月29日閲覧。
  6. ^ a b 『人事興信録 第4版』こ37-38頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月17日閲覧。
  7. ^ a b c 『新代議士名鑑』79頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月17日閲覧。
  8. ^ a b 『群馬県の代表的人物並事業』63-65頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月28日閲覧。
  9. ^ a b 『人事興信録 第7版』こ58頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年10月29日閲覧。
  10. ^ 総理庁官房監査課 編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、270頁。NDLJP:1276156 
  11. ^ 『官報』第11513号14頁 昭和40年4月30日号
  12. ^ 第55回国会 参議院 本会議 第24号 昭和42年7月12日
  13. ^ a b 国際観光旅館連盟編纂『国観連の半世紀 1948-1998』47頁、国際観光旅館連盟、1998年
  14. ^ 『官報』第12171号21頁 昭和42年7月12日号
  15. ^ 木暮, 武太夫, 1918-1988、国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 蛯名慶五郎『群馬県の代表的人物並事業』蛯名慶五郎、1917年。
  • 加藤紫泉『新代議士名鑑』国民教育会、1924年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』交詢社、1933年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937 - 1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 上』人事興信所、1943年。
  • 衆議院、参議院編『議会制度七十年史 第1』大蔵省印刷局、1960年。

関連項目[編集]

公職
先代
南好雄
日本の旗 運輸大臣
第27代:1960年 - 1961年
次代
斎藤昇
議会
先代
井野碩哉
日本の旗 参議院予算委員長
1959年
次代
小林英三