木檜三四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
木檜 三四郎
こぐれ さんしろう
Kogure Sanshiro.jpg
木檜三四郎
生年月日 1868年
出生地 日本の旗 日本 群馬県吾妻郡岩島村
没年月日 1959年8月14日
出身校 東京専門学校
所属政党 憲政会
立憲民政党
称号 正四位勲二等旭日重光章
テンプレートを表示

木檜 三四郎(こぐれ さんしろう、1868年9月19日明治元年8月4日[1]) - 1959年8月14日)は、明治から昭和にかけての日本政治家。初代参議院仮議長である。正四位勲二等旭日重光章群馬県吾妻郡岩島村(のち吾妻町、現在の東吾妻町)出身。東京専門学校(現在の早稲田大学)政治科卒業。

年譜[編集]

  • 1868年、岩島村の片貝家に誕生。その後、木檜家に養子に出される。
  • 1894年、群馬県議会議員初当選。以後連続6期当選。
  • 1920年、衆議院議員初当選。以後6期当選
  • 1928年、第25回列国議会同盟会議(ベルリン)に日本代表として列席。
  • 1947年、参議院議員当選。参議院仮議長を務める。参議院議員1期を務める。
  • 1959年8月14日、死亡。

政治家としての歩み[編集]

  • 群馬県吾妻郡原町
  • 吾妻郡議会議員、吾妻郡議会議長
  • 群馬県議会議員(6期)
  • 衆議院議員(7期)
  • 参議院議員(1期)、参議院仮議長

所属政党[編集]

主な役職[編集]

  • 吾妻郡所得税調査委員
  • 吾妻郡簡易生命保険運用委員
  • 吾妻郡鉄道会議議員
  • 群馬県森林組合連合会会長
  • 群馬県農工銀行監査役
  • 原町銀行取締役
  • 奥利根ホテル社長
  • 日刊群馬日日新聞社社長
  • 群馬バス取締役

出席した国際会議[編集]

  • 第14回万国議院商事会議(パリ)
  • 第25回列国議会同盟会議(ベルリン)

逸話[編集]

  • 戦時中の翼賛選挙のとき、軍部を批判したところ、選挙民の反感を買い、それまで連続6期当選していたにもかかわらず落選となった。戦後、参議院議員選挙に出馬し、1期務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、10頁。

関連項目[編集]


議会
先代:
新設
日本の旗 参議院仮議長
初代 : 1947年
次代:
黒田英雄
名誉職
先代:
新設
最年長参議院議員
1947年4月 - 1950年5月
次代:
西田天香