梅津錦一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅津錦一自邸にて

梅津 錦一(うめづ きんいち、1898年12月22日 - 1984年2月18日)は、日本政治家教員実業家群馬県出身。群馬師範学校本科卒業。日本社会党参議院議員(1期)、初代群馬県教組初代委員長。日本タイライト工業社長、西川コンクリート顧問、森産業株式会社顧問及び相談役、株式会社すいらん会長。

経歴[編集]

1898年、元前橋藩士・梅津幸次郎ととう(元前橋藩目付・明石家長女)の長男として前橋市高田町(現・文京町一丁目)に生まれる。1913年、教員養成所に入所し、翌年桂萱小学校補助教員となる。1920年、群馬師範学校本科卒業とともに桐生市北小学校に赴任した。

1917年、高崎市立片岡中学校初代校長に就任。同年、第1回参議院議員通常選挙で、群馬県選挙区より日本社会党公認で立候補し、当選。厚生常任委員長(2期)在任中に、日本赤十字社法の制定をはじめ、児童福祉法国民栄養改善法優生保護法遺家族援護法の各法の改正、義務教育6・3制完全実施に関する決議等に関与した。

1953年、セメント製硬質タイルの製法特許を取得。翌年、日本タイライト工業株式会社を東京都板橋区前野町に設立し、取締役社長に就任した。

1978年、株式会社すいらん会長に就任した。

章典[編集]