佐田一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐田 一郎(さた いちろう、1902年6月9日[1] - 1991年9月1日)は、日本実業家政治家佐田建設社長、参議院議員。元衆議院議員佐田玄一郎は孫。

経歴[編集]

参議院物価等対策特別委員長・参議院商工委員長等を歴任
  • 群馬県経済界の重鎮として知られ、群馬県商工会議所連合会会長・前橋商工会議所会頭・日産サニー群馬販売社長・群馬県建設業協会会長などの要職を歴任した
  • 1975年、勲二等瑞宝章を受章[1]
  • 1991年9月1日、急性心不全のため死去[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.279
  2. ^ 公職追放の該当事項は「翼壮桂萱村」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、511頁。NDLJP:1276156 
議会
先代:
大森久司
日本の旗 参議院商工委員長
1972年 - 1973年
次代:
剱木亨弘