豊田雅孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
豊田 雅孝
生年月日 1898年9月5日
出生地 愛媛県
没年月日 (1991-02-14) 1991年2月14日(92歳没)
出身校 東京帝国大学
所属政党 無所属→)
緑風会→)
自由民主党

日本の旗 参議院議員
選挙区 全国区
当選回数 2回
テンプレートを表示

豊田 雅孝(とよた まさたか、1898年9月5日-1991年2月14日)は、日本の官僚、政治家。愛媛県出身の人物[1]

参議院議員(2期)。

経歴[編集]

その他[編集]

  • 1955年(昭和30年)7月25日の参議院内閣委員会で、鳩山一郎総理大臣に対して、竹島の占拠について、『日本側から反撃をすることは、憲法9条の国際紛争解決の手段としての武力行使と見て、憲法9条ではできないと解釈するか』、『あるいはわが領土権を現実に侵されておるから、これを回復するのは自衛権の範囲で、憲法9条からもできるか』と質問し、鳩山は、『日本の領土を占領せられたのでありまするから、これは侵略と見るのが妥当で、自衛権の発動はできるわけであります』と発言し、また豊田は、『竹島の侵略が行われてからある程度の時日をたっておらなければ問題なく考えられるのでありますが、相当の時日がある場合においてなおかっこれは反撃することが自衛権、行動権の範囲内であるというふうに解釈することについては何ら疑義なくさようにお考えになるというふうに解釈してよろしいでしょうか』と質問し、鳩山は、『理論から言えば私は領土侵略だと思います。自衛権を発動してもいいと思いますけれども、あなたのおっしゃるように時期を経ておりますからこれはやはり談判によって、戦争の方法によらず外交的手段によって解決する方が穏当であろうと考えます』と発言している[2]。竹島は、1953年4月20日に、韓国の独島義勇守備隊が、初めて駐屯し、以降占拠を続けている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
公職
先代:
椎名悦三郎
日本の旗 商工次官
1945 - 1946
次代:
奥田新三