竹下豊次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹下豊次

竹下 豊次(たけした とよじ、1887年明治20年)2月 – 1978年昭和53年)4月25日[1])は、貴族院多額納税者議員参議院議員緑風会)。労働政務次官

経歴[編集]

宮崎県出身。1911年(明治44年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、大学院に学んだ[2]1912年大正元年)、高等文官試験に合格し、翌年に福岡県属・警部となった。以後、同県警視製鉄所副参事、同参事、農商務省工場監督官、同書記官・工場課長を歴任した[2]1922年(大正11年)、国際労働会議政府代表道家斉の随員として渡欧[2]国際労働機関に勤務し、第5回・第6回国際労働会議の政府代表顧問を務めた[2]

1924年(大正13年)に帰国し、社会局書記官、長野県警察部長に在勤。1928年(昭和3年)、台湾総督府社会課長、同地方課長を歴任し、勅任事務官に昇進した[2]1932年(昭和7年)、台中州知事に就任し、1935年(昭和10年)には関東州庁長官に転じた[2]

退官後の1939年(昭和14年)に貴族院議員に選出され、1947年(昭和22年)に貴族院が廃止されるまでその職にあった。同年の第1回参議院議員通常選挙に出馬し、当選[1]第3回参議院議員通常選挙でも再選を果たした。その間、第2次吉田内閣で労働政務次官を務めた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『政治家人名事典』
  2. ^ a b c d e f 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第11版(下)』人事興信所、1937年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。

関連項目[編集]