水越幸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水越幸一

水越 幸一(みずこし こういち、1879年明治12年)6月6日[1] - 没年不詳)は、台湾総督府官僚

経歴[編集]

山梨県出身。1909年明治42年)、東京帝国大学法科大学政治科選科を卒業し、東京市主事となった[1]1912年大正元年)、高等学校卒業検定試験に合格し、東京帝国大学法科大学政治家を卒業[1]高等文官試験に合格し、台湾総督府事務官内務局地方課長、総督官房審議室勤務、交通局理事を歴任[1]1929年(昭和4年)、台中州知事となり、1931年(昭和6年)に退官した[1]

その後は台北市会議員[2]、台北商業会議所理事を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 帝国大学出身名鑑 1932.
  2. ^ 『台湾人士鑑』台湾新民報社、1937年、p.352。
  3. ^ 大衆人事録 1943.

参考文献[編集]

  • 校友調査会編 『帝国大学出身名鑑』 校友調査会、1932年
  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第14版』 帝国秘密探偵社、1943年