後藤義隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

後藤 義隆(ごとう よしたか、 1900年9月20日[1] - 1986年1月2日)は、日本政治家衆議院議員(1期)。参議院議員(3期)。弁護士

経歴[編集]

大分県宇佐郡安心院村(現宇佐市)出身[1]1922年中央大学専門部卒。大分市で弁護士を開業する。その後大分弁護士会会長、大分市議、同副議長、大分県議を経て、戦後、公職追放となる[2] 。追放解除後の1952年第25回衆議院議員総選挙大分1区から改進党公認で立候補して当選。翌1953年第26回衆議院議員総選挙で落選した。1956年第4回参議院議員通常選挙大分県から自由民主党公認で立候補して当選、以来3期務めた。この間、参議院自由民主党副幹事長、第1次池田内閣経済企画、第1次佐藤内閣農林の各政務次官を歴任。1974年に引退した。

この他大豊無尽(現豊和銀行)を設立し[1]、社長を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』248頁。
  2. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛県庶務部長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年80頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]