石川栄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 栄一(榮一、いしかわ えいいち、1889年明治22年)5月10日[1][2] - 1976年昭和51年)5月30日[1][2][3])は、大正から昭和期の実業家政治家参議院議員

経歴[編集]

埼玉県[2][3]榛沢郡新会村[1]大里郡豊里村を経て現深谷市[1])で、石川浅次郎[注 1]の息子として生まれる[1]。1905年(明治38年)[2][3]群馬県立伊勢崎染織学校[注 2](現群馬県立伊勢崎工業高等学校)を卒業した[1]。さらに神田正則英語学校(現正則学園高等学校)で学んだ[1]

1918年(大正7年)新会村会議員に選出され5期在任[1]。1938年(昭和13年)埼玉県会議員に当選し3期在任して、同副議長も務めた[1][2][3]。その他、民主党埼玉県支部幹事長、自由党埼玉県支部副支部長などを務めた[1][3]

1950年(昭和25年)6月の第2回参議院議員通常選挙全国区から自由党公認で出馬して当選し[1][2][4]、参議院議員に1期在任した[3]。この間、参議院建設委員長、自由党本部総務、同参議院国会対策副委員長、自由民主党国会対策副委員長、同本部総務などを務めた[1][2][3]。その後、第4回通常選挙に立候補したが落選した[5]

議員退任後、河川審議会委員、建設省専門委員、埼玉県共同募金会長、埼玉県社会福祉協議会長、全国老人クラブ連合会副会長などを務めた[2][3]。その他、利根川治水同盟常任副会長、中川荒川総合開発期成連盟常任顧問、埼玉県水防管理者団体連絡協議会長、利根川総合開発議員連盟専務理事、群馬県利根川総合開発連盟理事、三光蚕糸取締役、石川農産加工所社長などを歴任した[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 大里郡会議員を務めた。『埼玉人物事典』71頁。
  2. ^ 『新訂 政治家人名事典』42頁、『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』246頁では群馬県立伊勢崎工業学校。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『埼玉人物事典』71-72頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『新訂 政治家人名事典』42頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』246頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』540頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』546頁。

参考文献[編集]

  • 埼玉県教育委員会編『埼玉人物事典』埼玉県、1998年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。
議会
先代:
堀木鎌三
日本の旗 参議院建設委員長 次代:
赤木正雄