一万田尚登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
一萬田 尚登
いちまた ひさと
Hisato Ichimada.jpg
生年月日 1893年8月12日
出生地 日本の旗 大分県大分郡野津原村
没年月日 (1984-01-22) 1984年1月22日(満90歳没)
出身校 東京帝国大学法科大学卒業
前職 日本銀行総裁
所属政党 日本民主党→)
自由民主党
称号 勲一等瑞宝章
法学士(東京帝国大学・1918年

日本の旗 第63代 大蔵大臣
内閣 第1次岸改造内閣
在任期間 1957年7月10日 - 1958年6月12日

日本の旗 第58-60代 大蔵大臣
内閣 第1次鳩山一郎内閣
第2次鳩山一郎内閣
第3次鳩山一郎内閣
在任期間 1954年12月10日 - 1956年12月23日

選挙区 大分県第1区
当選回数 5回
在任期間 1955年2月28日 - 1969年12月2日
テンプレートを表示
一万田尚登

一萬田 尚登(いちまた ひさと、明治26年(1893年8月12日 - 昭和59年(1984年1月22日)は、日本銀行家政治家勲等勲一等新字体一万田 尚登(いちまた ひさと)とも表記される。

日本銀行総裁(第18代)、大蔵大臣(第58596063代)、衆議院議員(5期)などを歴任。

概要[編集]

日本銀行総裁としての在任期間3115日間は歴代最長である。一萬田自身の鋭い眼光の目つきと彫りの深い容貌もあいまって「法王」の異名を取り、戦後の金融界、経済界に重きを成した。

太平洋戦争後、連合国軍最高司令官総司令部占領下のインフレと資金不足の困窮経済のなか、大蔵省ではなく金融政策を掌る日本銀行が実質的に金融行政を掌握していたことが一萬田の力の背景にあった。一萬田自身の強力な政治力を背景に、政策委員会は日本銀行の下に置かれることとなり、議長の座も日本銀行総裁が兼ねることとなった。しかし、池田勇人山際正道らとの日本銀行法改正論議を端緒にした大蔵省の権能の増大、また日本輸出入銀行による輸出補助金の割り当て権限を背景とした通商産業省の権能の増大、などにともなって、日本銀行そのものの役割は薄まることとなった。占領行政を脱した後に大蔵大臣となった際に、次官平田敬一郎と対立して更迭しようとしたが、省内から大反発を受けてこれを断念せざるを得ないこともあった。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1893年大分県大分郡野津原村(現在の大分県大分市)に生まれた。大分県立大分中学校(のちの大分県立大分上野丘高等学校)を卒業し、第五高等学校に入学した。その後、東京帝国大学法科大学政治学科に進み、1918年に卒業した。

日銀マンとして[編集]

1951年9月8日日本国との平和条約に署名する首席全権吉田茂らと

東京帝国大学卒業後、日本銀行に入行した。1944年には、日本銀行の理事に就任した。1946年、前任の新木榮吉公職追放に伴い、日本銀行の第18代総裁に就任した。インフレーション下の戦後日本経済再建のため、日本銀行は金融面での絶大な権威を持ち、ローマ教皇庁にたとえられたことから、「一萬田法王」の異名を取った。

1951年サンフランシスコ講和会議では、大蔵大臣池田勇人国民民主党最高委員長の苫米地義三自由党星島二郎緑風会総会議長徳川宗敬とともに全権委員となり、首席全権である内閣総理大臣吉田茂とともにアメリカ合衆国を訪問した。

1954年、日本銀行総裁を辞任した。一萬田の後任には、かつて総裁を務めた新木榮吉が再び就任した。

政治家として[編集]

1954年、第1次鳩山一郎内閣の発足にともない、政財界の有力者である肥田琢司による推薦で民間人閣僚として大蔵大臣に就任した。非国会議員としては、最後の大蔵大臣となる。大臣在任中の1955年に実施された第27回衆議院議員総選挙にて、大分県第1区から立候補し、初当選を果たした。国会では日本民主党に所属した。1956年に発足した第2次鳩山一郎内閣では、大蔵大臣に再任された。同年、自由党と日本民主党との保守合同にともない、自由民主党が発足した。これを受け、第2次鳩山一郎内閣は内閣総辞職したうえで、第3次鳩山一郎内閣が発足した。一萬田も自由民主党の結成に参加するとともに、第3次鳩山一郎内閣の大蔵大臣に再任された。翌年、石橋内閣の発足にともない、大蔵大臣を退任した。

1957年に発足した第1次岸改造内閣にて、大蔵大臣に就任し、デフレ政策を実行した。「デフレの山も富士山で言えば八合目。ここらで、ミルクでも飲んで後一息」と語り「富士山八合目ミルク論」と話題をまく。1958年第2次岸内閣の発足にともない、大蔵大臣を退任した。

1969年、衆議院解散にともない、政界を引退した。1984年心不全のため死去した。

発言[編集]

総裁就任後、ただちに連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーに会見を申し入れ、「日本経済の実情を知って欲しい。ありのままのことを話し、私の意見を言うから、気に入らないことは聞き流しても結構だ」と率直に伝え、信頼関係を築いたといわれる。

川崎製鉄(現:JFEスチール)が千葉に製鉄所を建設しようとした際、金融引き締め政策に逆行する巨額投資に憤り、「建設を強行するなら今にペンペン草をはやしてやる」と言った。

「国際分業の中では日本が自動車工業を育成するのは無意味である」と、自動車工業不要論を唱えた。

人物[編集]

国際基督教大学(ICU)の設立にあたり、尚登自身は仏教徒クリスチャンではないにもかかわらず募金運動の先頭に立ち、1949年昭和24年)の半年間に1億5000万円を集めた。

はげることを心配したため、27歳から頭髪は洗わないでヘア・ローションでぬぐって済ませるという習癖を持っていた。

長く聖徳太子の肖像画が紙幣に使用されていたが、敗戦後GHQにより太子の紙幣が廃止されるのを阻止している。また、大隈重信が設立した日印協会の第5代会長をつとめている[1]

略歴[編集]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『日本経済の前途』大内兵衛共述 有沢広巳司会 労働文化社 1949
  • 『日本民族の復興と経済の自立』高田保馬共述 改造社 1950
  • 『人間と経済』河出書房 1950
  • 『霞町雑記 ミルク論その後』学陽書房・新書 1955

関連書籍[編集]

  • 井上素彦 著/井上琢郎監修『「非常時の男」一万田尚登の決断力 「行動すれども弁明せず」で日本再生に命を賭けた 孫がつづる元日銀総裁の素顔』(財界研究所、2002年平成14年)) ISBN 4-87932-026-9
  • 阿部康二『一万田尚登伝』東洋書館 1955 日本財界人物伝全集
  • 国会通信社編集部編『国会記者の眼で見た一万田尚登』国会通信社 1958
  • 『昭和史をつくった二人 後藤文夫・一万田尚登回想録』アドバンス大分・おおいた文庫 1983
  • 『一万田尚登伝記・追悼録』徳間書店 1986

出典[編集]

  1. ^ 平林博2013 年の年頭所感―日印協会110 周年の回顧と展望 (PDF) 」 、『月刊インド』第110巻第1号、公益財団法人日印協会、2013年1月、 4-6頁、2014年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]


公職
先代:
小笠原三九郎
池田勇人
日本の旗 大蔵大臣
第58 - 60代:1954年 - 1956年
第63代:1957年 - 1958年
次代:
池田勇人
佐藤栄作
ビジネス
先代:
新木栄吉
日本銀行総裁
第18代:1946年 - 1954年
次代:
新木栄吉