三島彌太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三島 彌太郎
Yataro Mishima.jpg
生年月日 (1867-05-04) 1867年5月4日
出生地 薩摩国鹿児島郡鹿児島城下高麗町上の園
没年月日 (1919-03-07) 1919年3月7日(51歳没)
出身校 駒場農学校
マサチューセッツ農科大学
コーネル大学(中途退学)
前職 銀行家
称号 勲三等旭日中綬章
配偶者 大山信子
四条加根子

在任期間 1897年7月10日 - 1919年3月7日

大日本帝国の旗 第8代日本銀行総裁
在任期間 1913年2月28日 - 1919年3月7日
元首 大正天皇
テンプレートを表示

三島 彌太郎(みしま やたろう、慶応3年4月1日1867年5月4日) - 1919年大正8年)3月7日)は、日本の銀行家。子爵三島通庸の長男であり、徳富蘆花の小説『不如帰』の登場人物、川島武夫のモデルでもある。

生涯[編集]

薩摩国鹿児島郡鹿児島城高麗町上の園(現在の鹿児島県鹿児島市上之園町)出身。7歳のとき東京神田の小川町学校入学、その後すぐに同人社分校に通い、9歳のとき近藤真琴の塾で学ぶ。13歳のときに山形県師範学校へ。15歳のときに同校を卒業し、17歳のとき駒場農学校に入学。18歳のとき成績首位により官費生として渡米、西フィラデルフィア中学を経てマサチューセッツ農科大学(現在のマサチューセッツ大学アマースト校)に入学し、農政学を学ぶ。同大学卒業後、コーネル大学大学院で害虫学を学び修士の学位を受けるが、神経痛を発症して退学した。

帰国後、1897年明治30年)の第2回伯子男爵議員選挙で貴族院議員に当選し、桂太郎の後押しで最大会派研究会の代表者を務め、桂の主唱する鉄道国有化を実現させた。また議員生活の傍ら金融業に深く関与。横浜正金銀行頭取を経て、1913年(大正2年)2月28日第8代日本銀行総裁に就任。日本で初めての市中銀行の預金金利協定の成立にも尽力した。第一次世界大戦戦中戦後の激務をこなすも、1919年(大正8年)急病により現職のまま逝去した。

親族[編集]

三島彌彦は弟。最初の妻は大山巌の長女信子、離別後四条隆謌侯爵の三女加根子と再婚。長男は三島通陽、娘寿子の夫は阪谷希一、娘梅子の夫は土方与志

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。

参考文献[編集]

  • 三島義温編『三島弥太郎の手紙―アメリカへ渡った明治初期の留学生』学生社、1994年
  • 横田順彌『明治おもしろ博覧会』、西日本新聞社、1998年、168-171頁

外部リンク[編集]


日本の爵位
先代:
三島通庸
子爵
三島家第2代
1888年 - 1919年
次代:
三島通陽
ビジネス
先代:
高橋是清
横浜正金銀行頭取
第8代:1911年 - 1913年
次代:
水町袈裟六