同人社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

同人社(どうじんしゃ)は、中村正直が開設した私塾。1873年設立、1887年廃止。

概要[編集]

1873年明治6年)に開設されてから、慶應義塾尺振八の共立学舎、箕作秋坪の三叉学舎(さんさがくしゃ)などと共に英学塾として知られていた[1]。また、同人社女学校を開設するなど女子教育および障害者教育にも力を入れていた。

中村正直(敬宇)は福澤諭吉と非常に親しかったため、学校経営を福澤に依頼し千賀鶴太郎を塾頭に迎えたが、次第に学生数が減少して経営難となり、1887年(明治20年)に廃止された。明治後期には慶應義塾や攻玉塾(現・攻玉社中学校・高等学校)と合わせて、「三大義塾」として並び称された。

主な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『床次竹二郎伝』 (前田蓮山編・瀧正雄校閲、床次竹二郎伝記刊行会、1939年)