子爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

子爵(ししゃく、:Viscount)は、中国儒教の経典によって古代より用いられたと主張された爵位(五爵)の第4位。伯爵の下位、男爵の上位に相当する[1]。近代日本華族の爵位にも取り入れられた。ヨーロッパ諸国の貴族の爵位の訳語にも使われる。

欧州との対応[編集]

  • 子爵と訳されることがあるヨーロッパの爵位
    • vicomte
    • viscount

日本の子爵[編集]

日本では1884年明治17年)7月7日に発せられた華族授爵ノ詔勅により、華族制度が設けられた。華族制度は華族令(明治17年宮内省達、明治40年皇室令第2号)に規定され、子爵は第4位に位置づけられる。

子爵に列せられたのは、以下のような家柄だった。

  1. 公家 - 明治維新前に家を興した旧堂上家。具体的には、中納言任官直後に大納言に進んだ例のある家は伯爵を与えられ、いわゆる一部の地下家や明治後の分家で創立した家は男爵とされたために、その中間にあたる家が子爵を授爵された。
  2. 武家 - 旧小藩知事は明治維新後に現米5万石未満だった旧大名家が対象。通常大名は表高1万石以上の知行地を持つ者を指すが、下野国喜連川藩足利家は表高5000石だったのにもかかわらず、江戸時代には大名扱いだったため子爵となっている。また、戊辰戦争によって江戸時代に比べ大幅に減知された大名家も含まれる(例:陸奥斗南藩3万石の松平家は、陸奥会津藩23万石からの減知転封)。幕末に大名家だった家のうち、上総請西藩林家だけは戊辰戦争後に改易となったため叙爵がなく、1893年(明治26年)になってから復権を果たし男爵を受けている(林忠崇の項参照)。
  3. 新華族 - 国家に勲功ある者。
  4. 分家 - 明治以降に分家した華族は「維新後華族に列せられたる者」という内規によって男爵を授爵されるのが基本であったが、本家が高い爵位を持っている場合には特例としてこの限りではなかった。子爵を与えられた分家華族としては、近衛秀麿家(公爵近衛家分家)、徳川武定家(侯爵水戸徳川家分家(松戸徳川家))、松平慶民(侯爵福井松平家分家)の 3家がある。

貴族院へは子爵同士の互選により子爵議員を選出した(華族議員)。

主な日本の子爵[編集]

イギリスの子爵[編集]

英国子爵の紋章上の冠。

イングランドに確固たる貴族制度を最初に築いた王は征服王ウィリアム1世在位:1066年-1087年)である。彼はもともとフランスのノルマンディー公であったが、エドワード懺悔王在位:1042年-1066年)の崩御後、イングランド王位継承権を主張して1066年にイングランドを征服し、イングランド王位に就いた(ノルマン・コンクエスト)。重用した臣下もフランスから連れて来たノルマン人だったため、大陸にあった貴族の爵位制度がイングランドにも持ち込まれることになったのだった[2]

子爵(Viscount)は爵位の中でも一番最後に生まれたものであり、1440年第6代ボーモント男爵ジョン・ボーモントボーモント子爵Viscount Beaumont)位が与えられたのが最初である[3]

侯爵から男爵までの貴族は「卿(Lord)」と尊称される(公爵は「閣下(Your Grace)」)[4]

現存する子爵家[編集]

イングランド貴族[編集]

  1. ヘレフォード子爵英語版 (1550年) デヴァルー家英語版

スコットランド貴族[編集]

  1. フォークランド子爵 (1620年) ケーリー家
  2. アーバスノット子爵英語版 (1641年) アーバスノット家
  3. オックスフィード子爵英語版 (1651年) マクギル家

グレートブリテン貴族[編集]

  1. ボリングブルック子爵 (1712年)/シンジョン子爵 (1716年) シンジョン家
  2. コバム子爵英語版 (1718年) リトルトン家
  3. ファルマス子爵英語版 (1720年) ボスコーエン家
  4. トリントン子爵英語版 (1721年) ビング家
  5. フッド子爵英語版 (1796年) フッド家

アイルランド貴族[編集]

  1. ゴーマンストン子爵英語版 (1478年) プレストン家
  2. マウントガーレット子爵英語版 (1550年) バトラー家英語版
  3. ヴァレンティア子爵英語版 (1622年) アンズリー家
  4. ディロン子爵英語版 (1622年) ディロン家
  5. マセリーン子爵英語版 (1660年)/フェラード子爵英語版 (1797年) スケフィントン家
  6. シャールモント子爵英語版 (1665年) コールフィールド家
  7. ダウン子爵英語版 (1680年) ドーネイ家
  8. モールスワース子爵英語版 (1716年) モールスワース家
  9. チェットウィンド子爵英語版 (1717年) チェットウィンド家
  10. ミドルトン子爵英語版 (1717年) ブロデリク家
  11. ボイン子爵英語版 (1717年) ハミルトン=ラッセル家英語版
  12. ゲージ子爵英語版 (1720年) ゲージ家
  13. ゴールウェイ子爵英語版 (1727年) モンクトン家
  14. パワーズコート子爵英語版 (1744年) ウィングフィールド家
  15. アシュブロック子爵英語版 (1751年) フラワー家
  16. サウスウェル子爵英語版 (1776年) サウスウェル家
  17. ド・ベスチ子爵英語版 (1776年) ヴィージー家
  18. リフォード子爵英語版 (1781年) ヒューイット家
  19. バンガー子爵英語版 (1781年) ウォード家
  20. ドナレイル子爵英語版 (1785年) セント・レジャー家英語版
  21. ハーバートン子爵英語版 (1791年) ポメロイ家英語版
  22. ハワーデン子爵英語版 (1793年) モーデ家
  23. マンク子爵英語版 (1801年1月) マンク家
  24. ゴート子爵 (1816年) ヴェレカー家

連合王国貴族[編集]

  1. セント・ヴィンセント子爵英語版 (1801) ジャービス家
  2. メルヴィル子爵英語版 (1802) ダンダス家
  3. シドマス子爵 (1805年) アディントン家
  4. エクスマウス子爵英語版 (1816) ペルー家
  5. コンバーミア子爵英語版 (1827) ステイプルトン=コットン家
  6. ヒル子爵英語版 (1842) クレッグ=ヒル家
  7. ハーディング子爵 (1846) ハーディング家
  8. ゴフ子爵 (1849年) ゴフ家
  9. ブリッジポート子爵英語版 (1868) ネルソン・フッド家
  10. ポートマン子爵英語版 (1873) ポートマン家
  11. ハムデン子爵英語版 (1884) ブランド家
  12. ハンブルデン子爵英語版 (1891) スミス家
  13. ナッツフォード子爵英語版 (1895) ホランド=ヒバート家
  14. イーシャー子爵英語版 (1897) ブレット家
  15. ゴッシェン子爵 (1900年) ゴッシェン家
  16. リドリー子爵英語版 (1900) リドリー家
  17. コルヴィル・オブ・カルロス子爵英語版 (1902) コルヴィル家
  18. チャーチル子爵 (1902年) スペンサー家
  19. セルビー子爵英語版 (1905) ガリー家
  20. ノリーズ子爵英語版 (1911) ノリーズ家英語版
  21. アレンデール子爵英語版 (1911) ボーモント家英語版
  22. チルストン子爵英語版 (1911)エイカーズ=ダグラス家
  23. スカーズデール子爵英語版 (1911) カーゾン家
  24. マージー子爵英語版 (1916) ビンガム家
  25. カウドレー子爵英語版 (1917) ピアソン家
  26. デヴォン子爵英語版 (1917) カーレイ家
  27. アスター子爵英語版 (1917) アスター家英語版
  28. ウィンボーン子爵英語版 (1918) ゲスト家英語版
  29. セント・デイヴィッツ子爵英語版 (1918) フィリップス家
  30. ロザミア子爵 (1919) ハームズワース家
  31. アレンビー子爵英語版 (1919) アレンビー家
  32. チェルムスファド子爵英語版 (1921) セシジャー家
  33. ロング子爵英語版 (1921) ロング家
  34. アルスウォーター子爵英語版 (1921) ローサー家英語版
  35. レッキーのヤンガー子爵英語版 (1923) ヤンガー家
  36. ベアーステッド子爵英語版 (1925) サミュエル家
  37. クレイガヴォン子爵英語版 (1927) クレイグ家
  38. ブリッジマン子爵英語版 (1929) ブリッジマン家
  39. ヘイルシャム子爵 (1929) ホッグ家
  40. ブレントフォード子爵英語版 (1929) ジョインソン=ヒックス家
  41. バックマスター子爵英語版 (1932) バックマスター家
  42. ブレディスロー子爵英語版 (1935) バサースト家
  43. ハンワース子爵英語版 (1936) ポロック家英語版
  44. トレンチャード子爵英語版 (1936) トレンチャード家
  45. サミュエル子爵英語版 (1937) サミュエル家
  46. ドックスフォードのランシマン子爵英語版 (1937) ランシマン家
  47. デイヴィッドソン子爵英語版 (1937) デイヴィッドソン家
  48. ヴィアー子爵英語版 (1938) ヴィアー家
  49. カルデコート子爵英語版 (1939) インスキップ家
  50. シモン子爵英語版 (1940) シモン家
  51. キャムローズ子爵英語版 (1941) ベリー家
  52. スタンズゲート子爵英語版 (1942) ベン家
  53. マーゲッソン子爵英語版 (1942) マーゲッソン家
  54. ダヴェントリー子爵英語版 (1943) フィッツロイ家
  55. アディソン子爵英語版 (1945) アディソン家
  56. ケムスリー子爵英語版 (1945) ベリー家
  57. マーチウッド子爵英語版 (1945) ペニー家
  58. アランブルック子爵英語版 (1946) ブルック家
  59. アラメインのモントゴメリー子爵 (1946) モントゴメリー家
  60. ウェイヴァリー子爵英語版 (1952) アンダーソン家英語版
  61. サーソー子爵英語版 (1952) シンクレアー家英語版
  62. ブルックバラ子爵英語版 (1952) ブルック家
  63. ノリッジ子爵英語版 (1952) クーパー家
  64. レザーズ子爵英語版 (1954) レザーズ家
  65. ソウルベリー子爵英語版 (1954) ラムザバザム家
  66. シャンドス子爵英語版 (1954) リトルトン家
  67. マルバーン子爵英語版 (1955) ハギンズ家
  68. ド・リル子爵英語版 (1956) シドニー家
  69. ブレンチリーのモンクトン子爵英語版 (1957) モンクトン家
  70. テンビー子爵 (1957) ロイド・ジョージ家
  71. ハリファックスのマッキントッシュ子爵英語版 (1957) マッキントッシュ家
  72. ダンロッシル子爵英語版 (1959) モリソン家
  73. フィンドホーンのステュアート子爵英語版 (1959) ステュアート家
  74. ロッチデール子爵英語版 (1960) ケンプ家
  75. スリム子爵英語版 (1960) スリム家
  76. ヘッド子爵英語版 (1960) ヘッド家
  77. マートンのボイド子爵英語版 (1960) レノックス=ボイド家
  78. ミルズ子爵英語版 (1962) ミルズ家
  79. ブレイクナム子爵英語版 (1963) ヘア家
  80. エクルズ子爵英語版 (1964)エクルズ家
  81. ディルホーン子爵 (1964) マニンガム=ブラー家

伯爵以上の貴族が従属爵位として持つ子爵位[編集]

アーレイ子爵(レディング侯爵)アンバーレイ子爵(ラッセル伯爵)イプスウィッチ子爵(グラフトン公爵)インヴァーカイシング子爵(ローズベリー伯爵)ヴィリアーズ子爵(ジャージー伯爵)ウォルマー子爵(セルボーン伯爵)エリントン子爵(クローマー伯爵)オールトラップ子爵(スペンサー伯爵)カスルリー子爵(ビュート侯爵)キャルネ及びキャルストン子爵(ランズダウン侯爵)グウィネズ子爵(ドワイフォーのロイド=ジョージ伯爵)クランボーン子爵(ソールズベリー侯爵)クランモーリス子爵(ランズダウン侯爵)クローマー子爵(クローマー伯爵)ゴードン子爵(アバディーン=テメイア侯爵)ストラバーン子爵(アバコーン公爵)スペンサー子爵(スペンサー伯爵)ダンダフ子爵(モントローズ公爵)チャムリー子爵(チャムリー侯爵)トレンタム子爵(サザーランド公爵)ハーウィック子爵(グレイ伯爵)ハリファックス子爵(ハリファックス伯爵)フィッツモーリス子爵(ランズダウン侯爵)フォーマーティーン子爵(アバディーン=テメイア侯爵)プレストウッド子爵(アトリー伯爵)ベルグレイヴ子爵(ウェストミンスター公爵)マクミラン子爵(ストックトン伯爵)マルパス子爵(チャムリー侯爵)メルガンド子爵(ミントー伯爵)メントモア子爵(ローズベリー伯爵)モーペスのハワード子爵(カーライル伯爵)ローズベリー子爵(ローズベリー伯爵)ロチェスター子爵(サマセット公爵)ロッコウ=グレニーレ子爵(アーガイル公爵)

廃絶した子爵位[編集]

ウェーヴェル子爵カードウェル子爵チェルウッドのセシル子爵パーマストン子爵ヒューエンデン子爵ファラドンのグレイ子爵ミルナー子爵メルバーン子爵ランダッフ子爵

脚注[編集]

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)1224頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年) 1094頁参照。
  2. ^ 小林(1991) p.16-17
  3. ^ 森(1987) p.5-6
  4. ^ 森(1987) p.15

参照文献[編集]

文献資料[編集]

関連項目[編集]