佐々木直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐々木 直(ささき ただし、1907年明治40年)5月19日[1] - 1988年昭和63年)7月7日[1])は、日本の第22代日本銀行総裁

略歴[編集]

父の任地、仙台市で誕生[1][2]。釜山中学校[1](現釜山高等学校)、東京府立四中第一高等学校を経て[1][3]東京帝国大学経済学部卒業(本位田祥男ゼミ)。日本銀行入行。戦前は総力戦研究所にも出向し,模擬内閣で日銀総裁役を勤めた経験もある。

戦後、“日銀のプリンス”と称され、日銀総裁の座が近づいた時、池田勇人や、時の田中角栄蔵相らの意向で市中銀行(三菱)出身の宇佐美洵に総裁の座をさらわれ、日銀もすっかり大蔵省による金融行政の脇役に収まっていた。日銀副総裁時代には山一證券の破綻時、田中角栄の意向で日銀特別融資で乗り切り、さらに田中角栄内閣時代には日銀総裁を務めた。総裁在任中には、再三再四にわたり公定歩合引き下げ、積極財政路線を呑まされる形となり、狂乱物価の時代へと続いた。

経歴[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 『日本近現代人物履歴事典』244頁。
  2. ^ 『歴代日本銀行総裁論』441頁。
  3. ^ 『歴代日本銀行総裁論』442頁。
  4. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1948年5月19日朝刊、2面の訃報より。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 吉野俊彦、補論・鈴木淑夫『歴代日本銀行総裁論:日本政策史の研究』〈講談社学術文庫〉講談社、2014年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代
新設
金融情報システムセンター理事長
1984年 - 1986年
次代
清水汪