佐々木直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 直ささき ただし1907年5月19日 - 1988年7月7日)は山口県出身の第22代日本銀行総裁

略歴[編集]

東京府立四中第一高等学校を経て、東京帝国大学経済学部卒業(本位田祥男ゼミ)。日本銀行入行。戦前は総力戦研究所にも出向し,模擬内閣で日銀総裁役を勤めた経験もある。

戦後、“日銀のプリンス”と称され、日銀総裁の座が近づいた時、池田勇人や、時の田中角栄蔵相らの意向で市中銀行(三菱)出身の宇佐美洵に総裁の座をさらわれ、日銀もすっかり大蔵省による金融行政の脇役に収まっていた。日銀副総裁時代には山一證券の破綻時、田中角栄の意向で日銀特別融資で乗り切り、さらに田中角栄内閣時代には日銀総裁を務めた。総裁在任中には、再三再四にわたり公定歩合引き下げ、積極財政路線を呑まされる形となり、狂乱物価の時代へと続いた。

子息に日本電気(NEC)元会長の佐々木元がいる。

経歴[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1948年5月19日朝刊、2面の訃報より。

関連項目[編集]

  • 猪瀬直樹 - 初期の作品『昭和16年夏の敗戦』(新版小学館)において、佐々木を中心として話を展開している。
  • 松本重雄 - 日銀における代表的論客。
  • 日本共同証券

外部リンク[編集]


先代:
新設
金融情報システムセンター理事長
1984年 - 1986年
次代:
清水汪