山際正道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山際 正道(やまぎわ まさみち、1901年6月12日 - 1975年3月16日)は第20代日本銀行総裁大蔵次官。東京出身。

来歴・人物[編集]

東京府出身[1]1925年東京帝国大学経済学部[1]大蔵省に入り、銀行検査官、朝鮮銀行台湾銀行各検査官[1]、銀行、秘書、調査、文書の各課長を経て[1]、銀行局長に就任する[1]1945年大蔵次官に就任するが、戦後、公職追放となる[2]。追放解除後は日本輸出入銀行総裁から日銀総裁に就任。当時蔵相であった大蔵省入省同期の池田勇人(のち首相)らと共に日銀法改正の焦点を巡って、日本銀行と水面下で熾烈なバトルを展開した。大蔵側は池田、下村治、日銀側は松本重雄佐々木直副総裁らを論客としていた。池田蔵相、同総理時代の日銀総裁在任中は、大蔵省と歩調を合わせて、日銀の意向とは別に、高度経済成長下、内需拡大政策をサポートするために、公定歩合を引き下げ低金利政策路線に舵をとっていた。

山際の総裁退任以降も池田勇人の強い意向の下で、池田の総理退任時にすぐに発足した佐藤政権田中角栄蔵相の下で、日銀生え抜きで“日銀のプリンス”と称されていた総裁本命候補・佐々木直を押しのけて、市中銀行(三菱)出身の宇佐美洵が日銀総裁の座に座ることとなった。日銀はこれ以後、大蔵省の積極財政路線の脇役に甘んじることとなり、文字通り「大蔵省本石町出張所」という有難くない名称までつけられることとなった。1975年3月16日没。享年75(満73歳)。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日本官界情報社編 『日本官界名鑑』、1942年、18頁。NDLJP:1271159 
  2. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。
  3. ^ http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/940288/87

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
田中豊
日本の旗 大蔵次官
1945 - 1946年
次代:
山田義見