菅原通敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菅原通敬

菅原 通敬(すがわら みちよし、1869年2月16日明治2年1月6日)– 1946年昭和21年)12月18日)は、日本の大蔵官僚政治家大蔵次官貴族院議員枢密顧問官錦鶏間祗候

経歴[編集]

仙台藩士・郡長、菅原通実の長男として生まれる。仙台中学、第一高等学校を経て、1895年7月、帝国大学法科大学政治学科を卒業。大蔵省に入省し大蔵属となり、主税局に配属された。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。

1895年11月、横浜税関倉庫課長に就任。以後、沖縄県収税長、司税官・熊本税務管理局、税務監督官・主税局内国税課、函館税務管理局長、丸亀税務管理局長、神戸税務管理局長、神戸税務監督局長、大蔵書記官・主税局内国税課長、主税局長などを歴任。1915年7月、大蔵次官に就任し、1916年10月まで在任し退官。

1916年10月5日、貴族院勅選議員に任じられ[1]同成会に属し1938年2月まで在任。1922年2月13日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[2]

その他、東洋拓殖総裁、枢密顧問官を務めた。

親族[編集]

  • 三浦篤 - 長女の夫。帝室林野局長官。古川市長。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1256号、大正5年10月6日。
  2. ^ 『官報』第2858号、大正11年2月14日。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 菅原通敬』 アジア歴史資料センター Ref.A06051184400 
  4. ^ 『官報』第6548号「叙任及辞令」1905年5月2日。
  5. ^ 『官報』第150号「叙任及辞令」1913年1月31日。
  6. ^ 『官報』第4881号「叙任及辞令」1943年4月22日。
  7. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  9. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。
  10. ^ 『官報』第4899号「叙任及辞令」1943年5月15日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。