木川田一隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木川田 一隆

木川田 一隆(きがわだ かずたか、1899年8月23日1977年3月4日)は、1950年代から1960年代にかけて活躍した日本の実業家。東京電力社長や、経済同友会代表幹事(1960年1962年(複数代表幹事制)、1963年1975年)を歴任した。「企業の社会的責任」を唱導した、哲人的財界人として名を残している。

来歴・人物[編集]

福島県伊達郡梁川町(現伊達市梁川町)生まれ。旧制角田中学(現:宮城県角田高等学校)、旧制山形高校(現:山形大学)を経て、1926年東京帝国大学経済学部を卒業、東京電燈に入社する。東大時代は河合栄治郎の講義を最前列で聴き、河合の唱える理想主義自由主義に傾倒した。社会に出てからは「電力の鬼」松永安左ヱ門に師事し、民間企業人としての闘魂を学ぶ。戦後の1951年、電力業界再編で誕生した東京電力で常務、1954年副社長となるが、部下の汚職事件の責任を取って1958年常務に降格する。ほどなくして1959年副社長に返り咲き、1961年青木均一の後を継いで社長に就任した。

1963年、経済同友会代表幹事に就任すると、所信で「協調的競争」を提唱し、人間尊重の理念(人格主義)をベースにしながら、産業界が自主的に適切な競争環境を整備すべきであると主張した。その具体的な動きとして、1966年から民間版の産業調整会議として活動を開始した「産業問題研究会」(略称産研)が挙げられる。単純な自由放任主義では産業界を取り巻く諸問題は解決できず、政府の介入を招くとの危機感から発足した産研は、一時は名だたる主要財界人を網羅、「財界参謀本部」などとも呼ばれ、八幡製鐵富士製鐵の合併実現(新日本製鐵発足)などに影響力を及ぼした。また日中国交回復実現にも力を入れ、1971年には右翼の妨害も意に介さず、風邪を押して訪中、周恩来首相と会談した。

1971年東電社長を水野久男に譲り、会長となる(〜1976年)。1974年電気料金値上げに対する不払い運動に見舞われたが、参議院議員市川房枝の要請を受け、企業としての政治献金取り止めの英断を下した。現実の中で理想の実現にたゆまぬ努力を続けた木川田の姿勢に、ある米国紙は「Business Statesman」と称えた。

著書[編集]

  • 『私の履歴書』第39集、日本経済新聞社、1970年
  • 『木川田一隆論文集』政経社、1971年
  • 『人間主義の経済社会』読売新聞社、1971年
  • 『苦悩する日本への警鐘』電力新報社、1991年
  • 『ゆらぐ自由社会と経営者精神』電力新報社、1991年
  • 『新しい自由社会の進路』電力新報社、1992年
  • 『行動する理想主義経営者』電力新報社、1992年
  • 『クールヘッド・ウォームハート』電力新報社、1992年

参考文献[編集]

  • 鎌倉太郎『鉄人・木川田一隆論』政経社、1975年
  • 板橋守邦『繁栄の群像――戦後経済の奇跡をなしとげた経営者たち』有楽出版社、1988年
  • 小島光造『木川田一隆の魅力――理想主義の財界人』同信社、1996年

関連項目[編集]