尾崎護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

尾崎 護(おざき まもる、1935年(昭和10年)5月20日 - )は、日本の大蔵官僚。元大蔵事務次官。2019年、瑞宝重光章受章[1]

略歴[編集]

同期入省者[編集]

同期に、角谷正彦(国税庁長官)、長富祐一郎(関税局長、大平総理首席補佐官)、新藤恒男(西日本シティ銀行頭取)、冨金原俊二(経企次官)、安原正(環境次官)、村本久夫(中央三井信託銀行会長)、関要(日本証券業協会副会長)、柿澤弘治(外務大臣)、大野功統(防衛庁長官)など。

その他役職[編集]

  • 公益財団法人矢崎科学技術振興記念財団理事長
  • 公益財団法人博報児童教育振興会理事
  • 公益財団法人朝日新聞文化財団理事

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』14号、令和元年5月21日
先代:
角谷正彦
国税庁長官
第24代:1991年 - 1992年
次代:
土田正顯
先代:
平澤貞昭
国民生活金融公庫総裁
1994年 - 2003年
次代:
薄井信明