津田広喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津田 廣喜(つだ ひろき、1948年8月11日 - )は、日本の大蔵官僚。元財務事務次官早稲田大学教授。

人物[編集]

北海道天塩郡幌延町出身。

北海道天塩高等学校東京大学法学部第2類(公法コース)を経て[1]、1972年大蔵省入省。同期には、木村幸俊国税庁長官)、渡辺博史国際協力銀行総裁、財務官)、五味廣文金融庁長官)、武田宗高JT副社長、内閣府審議官(沖縄担当))、藤本進大臣官房審議官関税局担当)、豊田章一郎の娘婿)、滝本豊水弁護士)、村木利雄佐賀銀行会長、国税不服審判所次長国税庁長官官房審議官(酒税担当))、中村修三(世界銀行東京事務所長)、豊田潤多郎などがいる。

略歴[編集]


この他、東京電力で顧問を務めていた事が判明している(天下り[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『東大人名録,第1部』1986年発行、51頁
  2. ^ a b 栗林良光『大蔵省権力人脈』講談社、1994年3月発行、112頁
  3. ^ 『日本の官庁,その人と組織:大藏省』政策時報社、1993年発行、48頁
  4. ^ 財界展望,第40巻、第5~9号』1996年発行、145頁
  5. ^ 「津田前財務次官、早大大学院教授に」 NIKKEI NET(日経ネット):経済ニュース -マクロ経済の動向から金融政策、業界の動きまでカバー(日本経済新聞)2008年8月21日。
  6. ^ R&I顧問に津田広喜・元財務次官 日本経済新聞 2011年4月5日
  7. ^ [1]
  8. ^ [2]
  9. ^ [3]
  10. ^ 元財務次官も東電顧問 中央省庁の天下り29人 共同通信
官職
先代:
藤井秀人
日本の旗 財務事務次官
2007年 - 2008年
次代:
杉本和行
先代:
藤井秀人
日本の旗 財務省主計局長
2006年 - 2007年
次代:
杉本和行
先代:
藤井秀人
日本の旗 財務省大臣官房長
2004年 - 2006年
次代:
杉本和行
先代:
藤井秀人
日本の旗 財務省大臣官房総括審議官
2003年 - 2004年
次代:
石井道遠
先代:
志賀櫻
日本の旗 東京税関長
2002年 - 2003年
次代:
森信茂樹
先代:
藤井秀人
日本の旗 財務省主計局次長(筆頭)
2001年 - 2002年
次代:
牧野治郎
先代:
大蔵省から再編
日本の旗 財務省主計局次長(次席)
2001年
次代:
牧野治郎
先代:
藤井秀人
日本の旗 大蔵省主計局次長(次席)
2000年 - 2001年
次代:
財務省に再編
先代:
藤井秀人
日本の旗 大蔵省主計局次長(末席)
1999年 - 2000年
次代:
丹呉泰健
先代:
太田省三
日本の旗 大蔵省大臣官房審議官
(大臣官房担当)

墳﨑敏之・原口恒和と共同
1998年 - 1999年
次代:
牧野治郎・増井喜一郎
先代:
福田進
日本の旗 東海財務局長
1997年 - 1998年
次代:
増井喜一郎
先代:
藤井秀人
日本の旗 大蔵省主計局総務課長
1996年 - 1997年
次代:
牧野治郎
先代:
細川興一
日本の旗 大蔵省主計局主計官
(総務課:企画担当)

1994年 - 1996年
次代:
杉本和行