東京都立小石川中等教育学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都立小石川中等教育学校
東京都立小石川中等教育学校.JPG
過去の名称 東京府立第五中学校
東京都立小石川高等学校
国公私立の別 公立学校(都立)
設置者 東京都の旗 東京都
校訓 立志・開拓・創作
設立年月日 1918年(府立五中)
2006年(現行)
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
中等教育学校コード 13335D
所在地 113-0021
東京都文京区本駒込二丁目29番29号
公式サイト 東京都立小石川中等教育学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立小石川中等教育学校(とうきょうとりつ こいしかわちゅうとうきょういくがっこう)は、東京都文京区本駒込二丁目に所在する都立中等教育学校共学である。

府立第五中学校(1918年)を前身とし、「東京都立小石川高等学校」として長らく都立高の中で高い進学実績を誇っていたが、2006年に中等教育学校に改編され、他の都立中高一貫校(都立中等教育学校あるいは都立高校附属中学)と併せて高い入試(適性検査)難易度となっている。

概要[編集]

1918年、東京府立第五中学校が設置され、1950年、東京都立小石川高等学校と改称する。校名の「小石川」は、現校地に移転した1946年当時が小石川区同心町(小石川区は1947年本郷区と合併し、文京区となる)に立地していたことに由来する。

現在の校風や学校行事は府立五中初代校長伊藤長七によるところが大きい。「男女共教」の観点から女性教師を次々と採用[1]、「詰襟制服は胸元を圧迫し自由な思考を阻害する」との持論より、背広ネクタイを制服として制定、夏休みには、伊藤の故郷である長野県北佐久郡志賀村(現・佐久市)で農村生活の体験をする「転地修養隊」を結成[2]。いずれも当時においては画期的であり、何もかもが型破りな教育者として、府立五中と伊藤長七の名が全国に広まった。

理化学研究所が隣接していたことがあり(1946年-1967年)、伊藤の教えと合わせて理化学教育に力を入れている。天体観測や気象観測などの実験や校外学習が創立時から盛んに実施されている。

学校群制度導入以前では、全盛期には毎年50~80人ほどの東京大学合格者を輩出し、都立トップ校の一角をなしていた(特に1950年度は82名で日比谷と並び首位であった)。1967年の学校群制度導入以降、竹早と共に41群に属し、1994年の単独選抜制度移行後は第四学区に属した。

アカデミックで自由な校風である。

中等教育学校化
2006年中等教育学校に改編される。かつて、小石川の中等教育学校化が公になると、同窓会、卒業生から反対の声が上がった。しかし、小石川高校の教養主義や理科教育、行事週間などの受け継がれてきた多くの伝統を全面的に引き継ぐとしたことで、現在では同窓会も中等教育学校を積極的に支援している。完全に移行した今も、府立五中以来の連綿と続く伝統を継承し、理化学教育の振興と外国語教育を一層の充実させるべく、力を入れている。

校是[編集]

立志・開拓・創作

府立五中初代校長伊藤長七が唱えた。「自ら志を立て、自分が進む道を自ら切り拓き、新しい文化を創り出す」という意味。この校是は学校行事の名称や、伊藤長七自身が作詞した校歌(作曲:北村季晴)の歌詞にも盛り込まれている。

伊藤はこの三校是の下、生徒を紳士、淑女として扱い、自発性を尊重し創造性を発揮する教育を実践した。都立校では云うに及ばず、全国的に見てもなかなか見られない特徴的で自由な校風を育み、学校群制度都立高における一連の制度改革を経た今なお大切にされている。

沿革[編集]

府立五中と伊藤長七
「転地修養隊」の引率をする伊藤長七と生徒達
府立五中時代の制服。背広の採用は当時としては画期的であった

府立五中初代校長伊藤長七は、東京朝日新聞に掲載された「現代教育観」を記し、「全人的教養主義」を唱え、単独で米国大統領と会見を開く[3]など先進的で、教育者として名高かった。

自由主義による教育を理想としていた伊藤は、大正デモクラシーの気風も追い風となり、先述の、現在にまで至る教育法を次々と導入している。

ある時、伊藤や学生は、「アメリカに届くように」と、校庭から風船を飛ばした。結局国内から郵送され返ってきてしまったが、それを見た彼は「アメリカに行って、また帰ってきたのだ。」と言ったという[3]

伊藤長七の教育理念は、2代校長に就任した落合寅平以降にも継承され、今日まで連綿と受け継がれている。現在も来客者用玄関には伊藤長七像が飾られている。

年表[編集]

教育[編集]

理数教育
廊下
校庭
府立五中以来の「小石川教養主義」を継承し、独自の理数教育が実践されている。小石川の教養主義を象徴するものが、50年以上に渡って改訂を繰り返しながら受け継がれている理科系科目のオリジナルテキストで、生物であれば「生物実習」と書かれた200ページにも及ぶ独自教材が全員に配られる。小石川伝統の方針として学生同士が自ら実験を計画し、遂行するので科学的考察力と高度なレポート作成能力が養われる。なお、中等教育学校開校に伴ってテキストは中等用に大幅な改訂が行われている。入学時には白衣・実験用ゴーグル購入が義務付けられており、実験時に着用する。カリキュラムでは「小石川教養主義」の下、地学・物理・生物・化学の全分野が必修となっており、中等5年次まで学ぶ。
選択科目制
母体校の小石川高校は昔から100講座にも及ぶ広範な選択科目を設置し、学生は興味に応じ演習科目や実験講座などを選ぶことができた。新設の中等教育学校では、選択科目制をさらに発展させ、中等1年次から英語や理数系を中心とした多様な講座を設置している。「生命科学基礎実習」などの実験に特化した講座や、「アジア論概説」や「整数の性質」といった教養主義的なものまで多種多様である。さらに、放課後には教諭により自主的に課外講座が実施されることもあり、大学教養レベルの高度な講義が行われている。
小石川セミナー
休日に行われる「小石川セミナー」では、母体校の卒業生のうち800名前後が現役大学教授であるため、最先端の研究内容を知ることができる。中等3年次と5年次には、各自研究テーマを決めて論文作成が行われる。
語学研修
満州朝鮮ヨーロッパカナダシベリアなど、数多くの海外渡航をした府立五中の初代校長伊藤長七は、真の国際的教養の必要性を主張し、当時としては画期的な英会話やレコード教材を使った授業など、戦前では珍しい外国語を重視した教育を行っていた。小石川高校時代、希望者はフランス語ドイツ語を学ぶことが可能で、オーストラリアアデレードへの海外語学研修も行われていた。中等教育学校でもその伝統は受け継がれており、今ではさらに拡充され、レベル別の中国語フランス語ドイツ語を本格的に学ぶことができる。複数のネイティブの教諭が常在しており、英文法やコミュニケーション力の一辺倒に偏らない総合的な語学力の習得を目指した教育が行われている。中等3年次ではオーストラリアアデレードへの海外語学研修が2週間にわたって実施されており、ホームステイをして現地校の授業を受けることができる。その準備段階として、中等2年次に国内語学研修が行われるほか、英語暗唱コンテスト、英語でのメール交換などが実施されている。また、中等5年次にもシンガポールへの海外修学旅行が実施される。
制服
前期課程では、府立五中時代の制服をイメージした、紺のブレザーとストライプのネクタイを着用する。後期課程では、生徒の自主性を尊重して、私服での登校が認められている。かつての小石川高校では制服の制度はなく、標準服とされるブレザーはあったが、多くの生徒は私服であった。
適性検査
入学者の決定において実施される適性検査は、他校と比較して問題量がかなり多く難易度も高めで、理数科目を極めて重視した問題となっている。私立中学校の入学試験と問題の傾向が似ている分野が多い。都立中高一貫校では適性検査Ⅰ・Ⅱ二科目課される場合が一般的であるが、小石川では三科目課される(Ⅰでは国語、Ⅱでは社会、Ⅲでは算数理科の学力を問われている)。難関私立中学校との併願先として人気が高く、都立中高一貫校の中では最難関であり、武蔵両国と共に「都立中御三家」と称されている。

行事[編集]

芸能祭・体育祭・創作展の三つが三大行事である。学生が行事に専念できるよう、伝統的に9月下旬に集中的に開催され、この時期は「行事週間」と呼ばれている。この期間中は通常授業が一切行われず、伊藤長七が打ち立てた「立志・開拓・創作」の校是の下、完全に生徒の自主性に任された行事運営がなされる(行事運営委員会が中央委員会、いわゆる生徒自治会で設置され、予算、運営、決算から全て生徒が行う)。

芸能祭 
府立五中開校当初から続く伝統行事。部活や各団体が舞台上でライブなどを行う。芸能祭実行委員会が設置され、最優秀団体には「芸能祭大賞」が贈られる。
体育祭 
運営は体育委員会。事前に予備大会が行われ、その得点が本大会での持ち点に加算される。
創作展 
各クラスがそれぞれ劇などを行う。後期生(高校生)は伝統的に演劇をする。運営は創作展実行委員会。前期生は展示部門も行うようになった。最優秀作品には「創作大賞(旧創作展大賞H22より)」が贈られる。
後夜祭 
近年行われ始めた行事。運営は生徒自治会。芸能祭大賞・創作展大賞など各部門の上位入賞グループ・クラスを表彰する。芸能祭大賞は再演も行う。芸能祭に出演していない団体の演奏がある。2007年度から前期生の参加も保護者同意の下可能になった。

生徒自治会[編集]

生徒総会
自主自立の観点と、生徒自治会を中心に生徒が全ての運営を行うことから、生徒は学校運営に関して盛んに発言をする。高校から中等教育学校に移行しても残り、前期生(中学生)も参加している。 また、目安箱のようなものも設置されており、生徒は無記名で投書することができる。

学校関係者と組織[編集]

関連団体[編集]

学校関係者一覧[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初代校長伊藤長七について 男女共教”. 紫友同窓会. 2016年10月24日閲覧。
  2. ^ 赤壁の家と法禅寺~夏期転地修養隊の主宿泊先~”. 按針亭. 2016年10月24日閲覧。
  3. ^ a b 初代校長伊藤長七について 世界を駆ける、伊藤長七”. 紫友同窓会. 2016年10月24日閲覧。
  4. ^ 平成22年度 東京都公立学校一覧”. 東京都教育委員会. 2016年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]