伊藤長七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊藤長七(いとう ちょうしち、1877年4月13日 - 1930年4月19日)は、日本の教育者。

略歴[編集]

府立五中の生徒たちと伊藤長七

長野県諏訪郡四賀村(現・諏訪市)出身。諏訪郡育英会(後の長野県立諏訪中学校)を経て、1898年長野師範学校を卒業してしばらく教壇に立ったのち、1901年東京高等師範学校に入学。1905年に卒業後は同校の教諭となり、木崎夏期大学の開催などに尽力した。

自由主義的な教育思想を持ち、1919年後藤新平澤柳政太郎によって東京府立第五中学校(現・東京都立小石川中等教育学校)の初代校長に抜擢されると、「立志・開拓・創作」の校是や理化学重視の教育を打ち立て、府立五中の創始者として基礎を築いた。

海外渡航経験が非常に豊富であり、アメリカハーディング大統領との単独面会の実現や、海外からの帰途に「船を間違えた」としてヨーロッパシベリア方面を周ったことで知られている。島崎藤村の代表小説『破戒』に登場する土屋銀之助という教師は、伊藤長七がモデルである。

作詞[編集]

外部リンク[編集]