小粥正巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小粥 正巳(こがゆ まさみ 、1931年8月28日 - 2004年3月16日)は、東京府出身の大蔵官僚。過去に、大蔵事務次官内閣総理大臣秘書官公正取引委員会委員長、日本開発銀行総裁、日本政策投資銀行総裁、日本経済研究所会長等を歴任。

来歴・人物[編集]

都立第四中学校第一高等学校理科甲類を経て、1947年学制改革の後、新制東大理一を受験し合格した。しかし、GHQ占領下の世相の混乱とインフレに心が揺さぶられ、意を決して行政官法曹になるべく翌春東大文一を受験し直して合格した[1]東京大学法学部卒業後の1956年大蔵省入省。同期に秦郁彦大橋宗夫(関税局長)、北村恭二(証券局長)など。

一橋大学法科大学院長・教授の小粥太郎は実子[2]

略歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『大蔵省の危機』栗林良光、講談社文庫、1996年2月15日初版発行 p204
  2. ^ 梅本吉彦「研究生活を回顧して―人との絆に支えられて―」専修大学法学研究所所報42号8頁(2011年)
  3. ^ 時評社「大蔵省名鑑」昭和62年
  4. ^ 小粥正巳氏が死去 元大蔵次官、前政策銀総裁 47news 2004年3月17日
先代:
吉野良彦
日本開発銀行総裁
第10代:1998年 - 1999年
次代:
(日本政策投資銀行設立)
先代:
(初代)
日本政策投資銀行総裁
初代:1999年 - 2001年
次代:
小村武