渡邊喜久造

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search

渡邊 喜久造(わたなべ きくぞう、1904年(明治37年)11月15日[1] - 1965年(昭和40年)8月28日[1])は、日本官僚。元国税庁長官。元公正取引委員会委員長。静岡県出身[1]

来歴[edit]

東京国税局長、大蔵省主税局長、国税庁長官を歴任し、1957年(昭和32年)に退官。

その後、1963年(昭和38年)から1965年(昭和40年)に死去するまで公正取引委員会委員長を務めた。死後、従三位に叙され勲二等瑞宝章を授与された。

略歴[edit]

脚注[edit]

  1. ^ a b c d 渡辺喜久造 とは 【事典・辞書サイトkotobank】